CATEGORY : 大辻由佳里のつぶやき

沖縄旅行(宮古島編)

沖縄旅行(宮古島編)

皆さん、こんにちは! 今日は大荒れの天気ですね´д` ; 先日、梅雨入り前の沖縄に3泊4日の旅行に行ってきました! 新婚旅行でハワイに行きたい夢がありましたが、この円安で断念しました。笑 まず宮古島に行きました! 着いてすぐお昼に宮古そばを食べに行ってきました。 沖縄の炊き込みご飯「ジューシー」もいただきました!どちらも優しいお味で美味しかったです♪ その後海沿いをドライブしながら宮古島の最西端&最北端にあるHARRY'S のガーリックシュリンプを食べに行きました! ガーリックに濃厚なバターがガツンときてシュリンプはプリプリで美味しかったです♪ 写真映えするスポットでした! その後はホテルにチェックインしお部屋へ プールがあるお部屋だったのでプールで思いっきり遊びました♪( ´▽`) 景色もよくて最高でした! このホテル内にウミガメがいて朝はたくさん泳いでいました! ゆったり泳いでいて可愛かったです♡ 宮古島、時間が全然足りませんでした!笑 次回のブログでは沖縄本島編です♪

CATEGORY : 院長 佐々木真啓のつぶやき

昭和のヒーロー模型 新規発売の魅力

昭和のヒーロー模型 新規発売の魅力

中二病時代に魅了されたダンバイン  宮武さんが子供の好きなカブトムシを参考にデザインしたことで、当時大人気でした しかし バンダイさんから発売された模型は、お世辞にも再現度は高くありませんでした その後も各サイズで発売されましたが、満足のいく出来栄えではありませんでした しかし昨年末に バンダイさんから新規金型で新発売となり ついにベスト造形のダンバインとなりました 何処から眺めても破綻のない完成度の高さとなりました 同じ年代 スターウォーズとトップガンをミックスしたような作品マクロスも大人気でした アリイさんの模型は、安くても高品質で中学生には最高品質の模型でした 佐々木も沢山制作し、今でもヤフオクで落札し、制作を続けています しかしそんなアリイさんでも、一つ不満がありました それは この高荷さんのボックスアートのポージングができないことでした その後も各メーカーからマクロスの模型の発売は続きましたが、どれも高荷ポージングは難しかったです それが今年ついに マックスファクトリーさんから新規金型で発売されたことで あの高荷ポージングが再現可能となり感動することになりました 20年程前に発売されたハセガワさんが決定版と思っていましたが、長生きは大切だなと しみじみ痛感することになりました 私が小学生時代に夢中だった仮面ライダー 1号&2号は再放送組でしたが、今でも一番好きなライダーです サイクロン号とライダーベルトは憧れのアイテムで、模型が欲しいと思っていました それが今では、フジミさんとバンダイさんから発売され、ミックスすることで夢が叶うことになりました 今年は、まだまだこれからも昭和のヒーロー模型の新発売が続きます 先日も アオシマさんからあのタイムマシンが新規発売となって、我が家に届きました 最新のインジェクション成形は、誤差なくバチピタで、ビックリするほど作りやすい模型でした ハセガワさんから再販されたウルトラホーク1号が届き、早く作りたい衝動となっています 最近よく思う昭和の良い所は、デジタルの波が来る前で、アナログだったことだなと思っています。 佐々木

CATEGORY : 院長 佐々木真啓のつぶやき

今の世の中をこうしたのは僕らのせい

今の世の中をこうしたのは僕らのせい

少し話題のYouTube動画です リンク貼り付けておきます https://x.gd/c3Pnj 1950~1965年生まれあたりの世代には、耳が痛いかもしれませんが価値ある会話だったと思います 馬場さんや山田さんは、80年代カルチャー バブルカルチャー オタクカルチャーを作った方々です 当時は 「しらけ世代」「新人類」と呼ばれ 今がよければそれでいいじゃん、楽しければいいじゃんという世代 この世代が令和になってからは、昨今「知らんけど第一世代」と呼ばれています この世代の過半数に近い方々は、1980年あたりから、国民主権の放棄をし  自分の国の政策決定事項に責任を負わない形で、日々の暮らしを楽しみました その先導者の中心にいたのが、植木等や赤塚不二夫マインドで育った 馬場さんや、山田さんの今が楽しければ、それでいいじゃんという考え方でした そこには1969年生まれ バブル世代の佐々木達も含まれていると思っています お二人最後の会話で、山田さんが日本の未来を良くするために「どーしたらいいでしょう」との回答に 馬場さんは 「無理でしょう」 山田さん「あきらめるしかないか」 流石しらけ世代 (;^_^A とても印象的でした 日本を良くする解決策や改善策は無理で これからの子供達には、海外に逃がすか、依存させることで終わりました 解決策や改善策を提示することは、当事者意識と責任を持たせることで 多くの方にとって耳触りが悪く、本質を話していくことになるため ネットやSNSでは批判の嵐となって炎上する怖さがあります それでも「しらけ世代」の馬場さんや山田さんが、自己の責任と自己反省を言葉に出したことは、 官僚や経営者や既得権益者を批判し、政治家を犯人扱いにしている、多くの知らんけど世代と比較して 一歩前進の、とても有意義な場だったなと思っています この国で、知らんけどが流行しなくなる時が、早く来ればと常日頃思っていて 佐々木は、長期的な目線で、まず皆々が当事者意識を持って投票に行くことから始めようと 短期的な変化は薄いかもしれませんが、30年~50年後には良い未来が構築できると思っています 現在世界の民主主義の国々で、経済と政治が上手く機能している国の多くは、 長期的に高い投票率を維持できている国との結果からです。 佐々木

CATEGORY : 一般症例

佐々木が考え 実践している歯周病対策

佐々木が考え 実践している歯周病対策

今回は、佐々木が考え、医院で実践している歯周病対策を紹介します 写真の患者様は、かれこれ14年程、年に3回程のペースで歯石除去に来院される患者様です 生活習慣は、1日2回(朝と夜)の歯磨きで、歯間ブラシの歯間清掃は、0回です 当時は、最低1日3回以上の歯磨きと歯間ブラシの歯間清掃も3回ですよと説明すると 「はいはい」 と軽く受け流されてしまいました (^-^; でも当院を気にいってくれたのか その後年に3回程のペースで歯石除去に来られました ここであえてレントゲン説明をします 初診時と昨年に撮影した歯全体が解るレントゲン写真です 観ていただきたいのは、この13年間 佐々木は歯を1本も治療していないことです おこなったのは、歯のクリーニングのみです 違う歯科医師が観れば、あの歯は治療した方が良いと思う歯も数本あるかとも思います しかし佐々木は、あえて治療をしないでいました 佐々木歯科に来ると、「疑わしきは罰せず」「寝てる子をわざわざ起こさない」等の説明をよく受けます その事を踏まえて、これから この患者様の経過を観ていただきます 初診から7年程経過しました、歯磨きは1日3回に増えました 歯間ブラシによる歯間清掃は、1日まだ0回です 初診より歯磨きの回数が1回増えたことで、茶渋の沈着量は少し減りました 「歯間ブラシを1日3回すると歯石がつかなくなりますよ」毎回説明していますが いつも「はいはい」といって帰られます (^-^; ではその後 初診から10年経過しました 生活習慣は、1日3回の歯磨きと夜1回の歯間ブラシによる歯間清掃に変化していました 1日1回の歯間ブラシが増えたことにより歯石の沈着が以前より減少しました 「歯間ブラシを1日3回に増やすと歯石はつかなくなりすよ」と説明すると やっぱり「はいはい」といって帰られます (^-^; そして先日、今年最後のクリーニングに来院された時の写真です 生活習慣は、1日3回の歯ブラシと1日3回の歯間ブラシに変化していました 結果、歯石&茶渋は ほぼ無しといった状態で歯周病検査も異常なしの健康な口腔環境となりました 患者様 「そーいえば佐々木歯科に来るようになってから歯の治療しなくなったな」 「昔はよく虫歯ですよ治療しておきましょーと言われ、歯削られたんだけどな」とおっしゃっていいました 佐々木 「それは〇〇さんの生活習慣が変化したからですよ」と説明しました そして「私・佐々木は1日6回の歯ブラシと1日6回の歯間ブラシ&フロスをしています」 〇〇さんもいかがですか?と説明すると 「はいはい」といって帰れらました 来年来院される日が楽しみです (^-^; 追記 そして最近の来院が、2023年の年末頃 初めての来院から17年後 歯石や茶渋が付いていない状態で来院 歯周病検査異常無し 健康な状態でメンテナンスに来院 ここ数年来院は、年3回から年2回に減少 佐々木がこれまで治療をしたことは、17年間ゼロ 個人の医院経営から見ればマイナスの患者様です しかし社会全体から見れば、プラスの多い患者様で佐々木自身嬉しく思っています ではもう一人の患者様を紹介します 5程前に当院にクリーニングで通う奥様の紹介で、初診となった患者様です 生活習慣は、1日3回歯磨きと1日1回の歯間ブラシでした 佐々木 「1日3回の歯ブラシと1日3回の歯間ブラシをすると歯石はつかなくなりますよ」と説明しました それから写真の患者様は、年に4回程のペースで夫婦で通われるようになりました そして今朝、今年最後のクリーニング前の写真です 歯石も茶渋も付いておりません 生活習慣は、1日3回の歯ブラシと1日3回の歯間ブラシに改善しています しかし患者様は、「たまに茶渋がつくんだよ そこはどーしたらいいの?」 そこで私・佐々木は、マスクを外し、自分の歯を見せて 「私は、1日4~6回程コーヒーのブラック」好んで飲んでいますが、茶渋ついていますか」 患者様「ついてないね、なんで?」 佐々木 「歯磨きが1日6回、歯間ブラシとフロスが1日6回だからですよ」 患者様 「歯磨き粉は何使ってんの」 佐々木 「妻が安売りの時スーパーで買ってくる虫歯予防の歯磨き粉(クリニカ)ですよ」 大事な事は、湯飲みやマグカップも飲んだ後 すぐ洗わず放置していれば、茶渋はつきます 歯も同じで、飲んだら放置せず、歯を磨いておけば茶渋はつかなくなるということです 最後です 佐々木歯科には、今回の患者様のように、10年以上歯の治療もしていないのに通われる方が多くおられます しかし、大切な事は、佐々木歯科に通う事ではなく、生活習慣を整えることです その動機付けに、佐々木歯科をご利用いただければと思っています。 佐々木

CATEGORY : 足立めぐみのつぶやき

静岡:富士見の丘オートキャンプ場でキャンプしてきました!!

静岡:富士見の丘オートキャンプ場でキャンプしてきました!!

みなさんこんにちは(о´∀`о) GW後半に静岡県の富士見の丘オートキャンプ場で2泊3日でキャンプをしてきました(°▽°) 念願の富士山キャンプです!! お天気にも恵まれて富士山がとても綺麗に見えました(*^^*) 今回は2泊だったのでごはんも色々考えていきました。 チーズフォンデュや鰻丼(鰻が苦手は次女だけしらす丼)などをしました( ´∀`) 標高もあまり高いところではないので寒くなり過ぎず、キャンプ場の近くにはお風呂もありとても快適に過ごす事ができました(*´ω`*) 今回富士山キャンプを経験した事で、キャンパーの聖地・ふもとっぱらに行きたいという気持ちが更に高まりました!!

CATEGORY : 院長 佐々木真啓のつぶやき

歯の激痛!「虫歯ではありません」検査しても原因不明の歯痛を見極めるポイント

歯の激痛!「虫歯ではありません」検査しても原因不明の歯痛を見極めるポイント

定期的に配信している「文春オンラインの記事です」  何かとストレスが溜まるご時世です、佐々木歯科に来院される患者様の中でも このストレス性歯痛が増加しています 痛みの原因が歯ではないため、治療をしないことが多く、ご批判の声も少なくありません ではなぜ治療をしないのか、歯科医師となって30年程 日本は世界と比較しても歯医者が多く、 治療費も国民の税金から安価でおこなえるため、その場の痛みを治療する対処療法が中心でした その結果は、世界と比較すると、老後に歯が残っていない民族となってしまいました 過剰医療が招いた弊害と考えられています 世界で最も老後歯が残っている国々は、歯科医師が公務員で数が少なく、治療は全額自己負担の北欧となりました そして医療全般、平均&健康寿命は北欧と比較してどうなっているか 医師を公務員にして数を抑制し、対処療法は高額、予防は無料として医療費の抑制をした北欧と 今でも医師不足とメディアで放送し、過剰医療を続ける日本とで差は2年程で あまり大差ありませんでした 国の借金が社会保障費を中心として増え続ける日本と国の借金を減らす努力をしている北欧 その事を踏まえて下記の記事を一読していただければと思っています http://bunshun.jp/articles/-/12978 補足 昭和・平成の時代は、 歯痛 = 虫歯ですよの説明があり、治療は痛みを出している歯の痛覚を無くす = 対処療法でした 令和時代は 歯痛 = ストレス性神経痛又は不摂生による歯周病をまず疑い、その後虫歯を疑うという順序です 治療は、ストレス性の神経痛の場合、ストレス(緊張や力み)の緩和を促すことの内容説明です 不摂生による歯周病 ならば、 毎日3回以上の歯ブラシと歯間ブラシによる歯間清掃です あれ、?これだと全部自分で解決しなくてはならなくて、先生は治療してくれないの?と思うと思います そーなんです これが 「歯の痛みの8割は、削らなくても治りますよ」 という予防医療なんです 歯科医師が登場して歯を削ったり、投薬したり、注射したり、何か装置を作ったりするのは、 その場をしのぐ、対処療法であって根本的な解決法ではないため、再発を繰り返します 医院経営の面から観ると、都合が良く、患者様も生活習慣の改善をしなくても 痛みが、手っ取り早く取れるため昭和・平成の時代に、とても支持されたのが対処療法でした しかし対処療法をおこなう前に、ご自宅で解決できることが沢山あります これからの未来ある世代の事を考え、一人一人が少しでも負担を減らすことができたらと思っています 佐々木歯科では、過剰医療が発生しない方法でストレスの緩和法をアドバイスをしています まとめ 令和になり、テレビやネットニュースなどのマスメディアで、予防医療の情報が沢山発信されるようになりました 社会保障費=過剰医療の元となる対処療法を選択する前に、生活習慣の改善で予防する 尊敬する昭和史の研究家 半藤さんは 「日本人は、長い視野で物事を見て、方向を決めるということをしないで、短兵急に、明日にでも成果が出るような発想、考え方を好む傾向があります」 「もう待っていられないんですよ」 日々の診療で、患者様のお話を聞いてると、本当待っていられないんだなと思う事があります 今回のストレス性歯痛は、まさにこの「待っていられない」が原因です。 佐々木

CATEGORY : 佐々木歯科医院からのお知らせ

1%の悪玉菌を除菌するために99%の善玉菌も除菌する弊害

1%の悪玉菌を除菌するために99%の善玉菌も除菌する弊害

最近1日に1回は観るマウスウォッシュのCM 年々過剰広告となっていることが危惧されています では最新の研究医学からの回答を、NHKの医療系ドキュメント ヒューマニエンスからご紹介します 現在研究者によって少し別れますが、口の中の最近は、200種類~800種類とされています そして 99%は無害な善玉菌とされる常在菌なんです あれ? 悪玉菌は? 悪玉菌とされる虫歯菌と歯周病菌は、普段は全体の中の1%なんです えっ!そんなに少ないの と驚かれたと思います しかし国家資格を持つ歯科医師なら 細菌学の基本の基本で、皆が知ってることでもあります 佐々木としては、やっとテレビで放送してくれたと喜びました 佐々木歯科が治療を最小限にし、予防と生活習慣の改善を促している理由です 1%の悪玉菌を殺すために、99%の善玉菌も殺しているのが現状です 利益を一番得ているのは、誰かを想像してみてください 製薬会社は年々広告も過激化していき、ついには24時間殺菌力が持続する すなわち口腔内に殺菌&消毒薬が長く留まる程、高濃度になっているということです さらに過激な所では 信じられないようなマウスウォッシュを販売している噂も耳にしています この残留マウスウォッシュを唾液と一緒に飲み込んでいることで、 全身に何がおこっているか想像してください 一例です A woman's hand puts a dirty plate in the dishwasher 食器に残った食器洗い機用の「リンス」が腸のバリアを破壊してしまうという研究結果は ネイチャーを始めとする世界の科学雑誌の論文でエビデンスが認証されています 多くの方が感心の高い、腸内環境が破壊されるということです 巷では、腸内環境ビジネスが盛り上がっている現状です 医療機関もこの波に乗り遅れまいと、創意工夫をされています しかしせっかく健康のためにと、コストを掛けても 無駄になっていることが危惧されています 口の中の商品は令和でも殺菌・除菌です 虫歯菌&歯周病菌は、口腔常在菌と呼ばれていて 食後毎回清掃していれば活性の低い、大人しい弱毒菌なんです その大人しい管理されている低活性=弱毒性の虫歯菌&歯周病菌と呼ばれる 口腔常在菌を飲み込んで消化器官に流れても、為害性は無いとされています 悪さの原因とされる(糖尿病・心筋梗塞・脳梗塞・アルツハイマー)歯周病菌は 不潔で管理されていない高活性の状態に変化した時の場合なんです なんでもかんでも皆殺しをしていれば、そのお返しは、倍返しとなって体調に反映されます 佐々木は、洗剤・消毒剤の使用を必要最低限にとどめ、 歯間ブラシ&フロスの使用回数を多くすることを推奨しています 佐々木歯科では、生活習慣が整っていれば、殺菌剤での皆殺し消毒は、必要ないですよと説明しています 企業は商品を売ることが第一です 販促の裏を読むことも大切になった時代とも感じています。 佐々木

CATEGORY : 院長 佐々木真啓のつぶやき

その痛み 歯が原因ではないですよ

その痛み 歯が原因ではないですよ

定期的に再配信している記事です 歯科の病の多くは生活習慣の不正から始まります 原因が解決できれば、老後に歯が沢山残ることができます 世界と比較しても歯科医院は多く、治療費も国民の税金で7割~10割を賄えるため 世界中の人々が羨ましがるほど安価で治療が受けられのが日本です しかしその結果は、残念ながら 世界と比較しても老後に歯が残らないことになりました 永久歯28本中20本の歯を失っていることが現在問題となっています 上記の事を踏まえて、記事を今一度読んでいただければと思います。 以前佐々木歯科に 14年程 通院されていた患者様が、4年ぶりに来院されました ご高齢で、いつも少し繊細な痛みを訴えることが多い患者様でした 2004年が初来院でしたが、デジタルに移行してからの2006年のレントゲンを提示します 佐々木歯科に初来院した時には、すでに12本 歯を失っていました 佐々木が患者様に説明したのは 「その痛みの原因は、歯ではなく、生活習慣の改善が必要ですよ」 それから、2~3カ月に1回の間隔で、生活習慣の改善と予防を中心に通院されました 2018年まで14年間 佐々木が治療した歯は、既存の詰め物が取れた場合のみで ほとんど治療行為はしませんでした 診療の中心は主に 生活習慣の改善指導でした その効果は 歯の消失が止まり、新たな歯周病も虫歯の再発も無くなりました しかし患者様に満足感は無く、多種多様で繊細な痛みを訴えることが 毎回ありました そのたびに 「その繊細な痛みの原因は、歯ではなく、生活習慣の改善が必要ですよ」 一例 患者様「最近朝の歯磨きの後のすすぎの水がしみて痛いの」 私 「寒く冷え込んできましたので、水道水のお水をぬるま湯に変更してすすいでください」 患者様「 先日ハイキングに行ってから食事の時歯が痛むの」 私 「原因は疲労でハイキングの時に噛みしめることが多かったから、しばらく静養して疲労を軽減してください、その間は柔らかい食べ物で過ごしてください」 患者様「この痛みは虫歯じゃないの?」 私 「原因は疲労からくる痛みで、噛みしめが無くなれば疲労が回復し、痛みは気にならなくなりますよ」 などの説明を繰り返す14年間でした。 そして先日 4年ぶりに来院されました 繊細な痛みの症状を治療してくれる他院様に通院されていたそうです しかし治療しても症状の改善が無いために 再び佐々木歯科を受信されました その時(2022年11月)のレントゲンで、残念ながら10本歯が消失していました わずか4年で10本の歯が無くなっていました 佐々木が診察し、説明したことは 「その痛みの原因は、歯ではなく、生活習慣の改善が必要ですよ」 その場の痛みを無くす対処療法は、短期的な効果はありますが、原因の解決ではないため 同じこと = 再発が繰り返されます そして未来は、少しづつ歯が無くなり、貧しくなってしまいます 逆に、生活習慣の改善は、効果を感じる事は少ないかもしれませんが、 現状より悪くなる事が防げます そして未来も、現状維持の日常生活が暮らせているということです ご参考になれば 幸いです。 佐々木

CATEGORY : 石井萌亜のつぶやき

IKEA神戸に行って来ました♪

IKEA神戸に行って来ました♪

皆さんこんにちは^_^ 私は先日、神戸にあるIKEAへ行ってきました♪ GWが始まった頃から衣替えも兼ねて部屋の大掃除をし始めました。 部屋からいらない物や昔の物、探していた物などがたくさん出てきました>_< すぐに部屋が散らかってしまうのでシンプルな部屋を目指してIKEAで収納ボックスや便利グッズ、小家具などを探してきました♪ 商品がたくさん並んだ倉庫には高く積み上げられたダンボールがあり圧倒されました。 IKEAにはレストランもあり看板メニューのミートボールやサーモンマリネ、ローストビーフなど美味しくてついついいっぱい食べてしまいました^_^ IKEAから神戸三宮まで行けるポートライナーがあるのでIKEAに行った後もお買い物をしたり1日神戸を満喫することができました♪ ポートライナーの先頭に座ると神戸の街並みの景色も楽しめました (^○^)

CATEGORY : 佐々木歯科医院からのお知らせ

真っ白な歯の被せ物をする前に知ってほしい事

真っ白な歯の被せ物をする前に知ってほしい事

只今話題の歯の治療 真っ白な被せ物 日本ではセラミック矯正やジルコニア矯正という新語で表現されています 不自然なくらいに白く、模型のように左右が均等な被せ物が好まれる傾向となっています では、この被せ物を付けるために、自分の歯はどうなっているか ご存じですか? ボールペンの芯のように、ご自分の歯を大量に削るということなんです 真っ白な被せ物は、ボールペンのキャップと同じようなイメージとなります 歯並びが悪い方は、自分の歯を削るだけでは、他の歯の被せ物と平行性が取れないため 歯の神経を抜いて、歯の根に刺す土台から軸を変えて、他の歯と平行性を取ることになります 健康な歯を削って、神経を取って、人工物の土台を歯の根に刺して、被せ物をする これを、ポジティブに誤魔化すために、セラミック矯正などの新語ができているのが現状です 30年程の歯科医師の経験から、目先の事で被せ物を選択した多くの方が 老後になってから、後悔しているのを日々目にしています 削った歯は、10年後には水分がなくなり、枯れはじめて破折や脱離を繰り返します 口の中の管理が悪い方は、10年より前に被せ物と歯肉の境目が露出して、不自然さが目立ってきます 財力のある方は、そのつど被せ物を変更しますが、治療期間中に自分の歯が、枯れているのを見ることはないと思います 審美の歯科では、被せ物を取った時の歯の状態は、たぶん見せてもらえず 知らぬが仏で、被せ物の治療が終了しているかと思います アメリカでも財力が維持できている方は、老後自分の歯が抜けてもインプラントに変更できますが 多くのアメリカ人でも老後財力が尽きて、後悔されているのが現状です 佐々木歯科では、歯を削らず、抜かず、不必要に白くせず、自然な歯の白さと綺麗な歯並びを推奨しています 治療方針は、なるべく治療をしない、生活習慣が安定してれば、疑わしきは罰せずを大切にしています。 佐々木

WEB予約
診療時間
9:00〜13:00
15:00〜18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
WEB予約 電話をかける
9:00〜13:00
15:00〜18:00
休診日:木曜・日曜・祝日