ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 最近の治療例

最近の治療例

2017年4月29日

最近小児矯正治療を終了した4名の治療例

 

 

 今回は、最近小児矯正治療を終えられた 4人の患者様を紹介いたします

 

一人目の患者様です 治療開始は 8歳です 主訴は犬歯が八重歯のように萌出してきたことでの相談でした

 

29-5-1.JPG

                            

 床装置を使い 歯ではなく 顎を大きくする咬合育成(子供の矯正治療)を中心にして治療することを説明し 小児矯正治療を開始していきました

 

29-5-2.JPG

 

治療は、月2回のペースで行い 少しずつ顎を大きくし 永久歯が生えるスペースを確保していきました 

治療は 患者様 ご家族のがんばりもあり とても順調に進み 12歳小学校卒業時に無事終了できました

 

 

29-5-3.JPG

いかがでしょー 咬合育成治療により とても綺麗な歯並びへと導くことができました

患者様 親御様ともに とても喜んでいただけました

 

 

 

 

では 次 2例目の患者様の紹介です

 29-5-4.JPG

主訴は 前歯の嚙み噛み合わせが深く 下の歯が見えないことでした

この症状は 受け口の逆と考えていただれば 解りやすいと思います

下顎の位置が 基準より後方で 噛みこんでしまったための結果です

逆に 基準より前方の位置で 噛み合えば 受け口と呼ばれる噛み合わせになります

 

 

今回も 顎の噛み合わせの位置を 前方方向へ誘導し 正常な位置で噛み合うように咬合育成を行いました

29-5-5.JPG

 

子供の矯正 小児矯正装置を用い 月2回のペースで治療を行いました

ご家族・患者様ともに とてもご熱心で 治療は順調に進み 装置も沢山ステップアップすることができました

 

 

29-5-6.JPGいかがでしょー 下の前歯と上の前歯の露出のバランスが とても綺麗ですよね

 

これが正常な噛み合わせです この噛み合わせなら 一生もので 大事に手入れさせしていただければ 100歳でもご自分の歯で よく嚙めることができると思います

 

患者様には ご両親に感謝し 大切に取り扱いをしていただければと 願うばかりです

 

 

 

続けて3例目になります

29-5-7.JPG

前歯の出っ歯感と 前歯がだんだん歪んで生えてきたことがお悩みでした

 

 

29-5-8.JPG 全体的に歯が大きく 顎が小さいために起こる現象で 治療には 歯を動かすのではなく 顎を大きくすることで歯を綺麗に並べる小児矯正治療を選択しました

 

治療は順調に進み 今年の春 小学校卒業時に 無事終えることができました

 

 

 

 29.-5.16.jpg

いかがでしょー 前歯の歪みも改善され 横から見ても 出っ歯感はありません

治療前の噛み合わせは 先噛みと呼ばれる 上下の歯の先っぽが触れるほどの浅い嚙み合わせでした

 

この噛み合わせだと 将来前歯の歯の破折や 前歯の噛みが弱いことで 奥歯の負担増を生じ 奥歯の歯が打撲(咬合性外傷)を生じ 奥歯の寿命が短くなる傾向が懸念されます

 

12歳治療後の噛み合わせの深さが 正常です とても綺麗な噛み合わせになりました

 

 

 

最後になります 4例目の患者様です

 29-5-10.JPG主訴は、前歯の噛み合わせの深さです しっかりと噛み合わせをしてもらうと まったく下の前歯が見えなくなります

 

逆受け口 過蓋咬合と呼ばれる 噛み合わせです 大人になると この深い噛み合わせの 多くの方が 辺頭痛や肩こりなど頭頚部に なにかしらの不具合を訴えることが多くなる噛み合わせです

 

 

29-5-11.JPG治療開始が 10歳と小児矯正治療には 遅い時期でしたので 成人矯正治療の継続も考えての治療説明を行いました

治療は 患者様 ご家族とも こちらが驚くほど 協力的かつ生真面目で努力家でしたので 予想以上に順調に進みました

 

 

 

 29-5-12.JPG

いかがでしょー とても綺麗な噛み合わせとなりました 上と下の前歯の露出具合が正常となり奥歯もしっかっりと噛み合っております

患者様 ご家族 そして私の医院に通われているご親戚の方々にも とても喜んでいただけました

術者としても とても嬉しい喜びとなりました

 

29-5-13.JPG

 

今回は 子供の矯正治療を最近終えられた 4名の患者様にご協力いただきました 

小児矯正治療によって 皆様とても素敵な笑顔が形成されました 

 

 

 

ここで 院長 佐々木から お伝えしたいことがございます

 

 

 観ていただきたいのは 各お子様の装置保管ボックスの中が 色とりどりの装置で、沢山保管されていることです

 

 これは、矯正装置のステップアップが順調に進んだことで 咬合育成・咬合誘導が成し遂げられたということでもあります

 

  佐々木歯科医院では お子様の矯正治療・虫歯治療など 全ての治療を院長の佐々木がおこなっています

 

 お子様の歯並び・噛み合わせで ご心配な事がある親御様は ぜひ一度

 

 診療時間内に 毎日受付しています 矯正治療無料相談を お気軽にご利用いただければと思います。

 

                 院長 佐々木 真啓

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐々木歯科医院 院長 佐々木 真啓 | 日時: 2017年4月29日
2016年11月 7日

小学1年生から始める小児矯正 3名の治療例

                           

 今回は、矯正治療の中でも 私がおススメしている 6歳から始め 12歳(小学校卒業時期)で終わる 子供の矯正治療の説明です

 

では 実際当院で治療を受けられ 今年終了した 最近の治療例 3名でご説明いたします

 

チハル1.JPG

 

 1例目の患者様です 上の前歯が 出っ歯気味に生えてきて 笑った時に 歯ぐきの露出が多いことが心配となり 御相談にこられました

 

 一般的に ガミースマイルと呼ばれる症状です

 

成長期が終わり 大人になってから治療するとなると 顎変形症の一つとなり 手術が適用されることの多い症状です

 

 チハル2.JPG

 

幸いにも 治療相談の時期が 顎の成長期が まだ沢山残っている時期(6歳)だったので

 

子供の矯正治療=咬合育成にて 過成長の部位は触らず 劣成長の部位を促進 という形でバランスをとっていきました

 

そして 中学生になるタイミングで治療を 終えることができました

 

 

チハル3.JPG

 

笑った時にも 歯ぐきの露出は 少なく 出っ歯も改善され とても綺麗な歯並びが形成されました

 

この治療は、歯を動かすのでは なく 顎の成長のバランスをとっていく治療のため とても自然で豊かな笑顔になります

 

 

チハル4.JPG

 

お口の中の 噛み合わせの状態です

 

奥歯がしっかりと 噛み合っています 前歯も出っ歯になっていないことが確認できると思います。

 

 

 

では 2例目の患者様です

 

メイ1.JPG

 

下の前歯の永久歯が 歪んで生えてきたことで 将来が心配になって ご相談に来院されました

 

歯が生えてくる顎の成長が 現状では少なく 狭い顎のため永久歯が歪んで 生えてきたということ

 

そして 改善には 子供の矯正治療にて 歯を動かすのではなく 顎を育成していくことで 綺麗な歯並びが形成できることを説明いたしました

 

 

メイ2.JPG

 

治療申し込みをいただきましたので 6歳~12歳までの 咬合育成(小児矯正治療)を おこないました

 

 

メイ3.JPG

 

治療は 歯の生え変わり速度に合わせ おこなっていますので 中学1年生の夏休みで終了いたしました

 

 

メイ4.JPG

 

治療終了時の 口腔内 噛み合わせの状態です あと半年程時が 過ぎれば 左下の小臼歯が 自然に あともう少し萌出し さらに噛み合っていきます

 

 

メイ5.JPG治療前・治療後の比較写真です いかがでしょうか とても綺麗な 歯並び と 笑顔の形成が できたと思います

 

 上の歯の露出と 下の歯の露出のバランスが とても整っています 歯並びのモデルさんにも なれそーですね。

 

 

では 最後3例目の患者様です

 

ヨシ1.JPG

受け口が主訴の 男の子です 幼少期の頃から 続く受け口で ご家族が悩んでおられました

 

ご両親に 受け口の遺伝的要因が 少ない傾向にあると判断したため

 

半年程で まず受け口を 改善し その後は 顎の成長が 終了に近づく 12歳まで咬合育成をしていきましょー と ご説明いたしました

 

その後 治療申し込みを いただきましたので 治療がはじまりました

 

 

ヨシ2.JPG

 

顎の成長と永久歯の萌出時期の関係から 今回の患者様は 中学1年生 13歳で治療が終了となりました

 

いかかでしょーか 受け口・そして受け口顔も 改善されております

 

 

ヨシ5.JPG

 

 

実際の噛み合わせ 口腔内の写真です 針金等 成人矯正器具で歯を動かすことなく

 

自然に近い状態で 歯の萌出を誘導していくことで できる噛み合わせです

 

とても 男性的な しっかりとした 歯並びが 形成できたと思っています

 

では この咬合育成=小児矯正治療の 生え変わりを レントゲン写真を用い 時系列で観ていきます

 

 

ヨシ3.JPG

 

ヨシ4.JPG

 

6歳の時期は 埋まっている永久歯が不揃いです そして萌出できる顎のスペースが確保されると

 

埋まっている永久歯の不揃いが改善され 真っ直ぐに直立した状態で 生えてきているのが確認できると思います

 

13歳の写真では それぞれの歯の根が傾斜することなく直立しています これがとても大事なこととなります

 

歯の根の向きが真っ直ぐであれば その後の人生においても 歯並びが崩れにくくなるんです

 

そして 子供の矯正治療=咬合育成は 直接歯を動かす 針金の使用が ほぼ無しに近い状態なので

 

歯の根の成長を阻害しないということもあるんです

 

レントゲン写真でも 歯の根が長く 最後まで成長していることが確認できます

 

 

 まとめ

今回は、3人の患者様による 症例報告でした 

 

 小児矯正は、 歯を動かすのではなく 顎の成長を促し できるだけ自然に 自らの力で 良い位置へ歯を萌出するように 咬合を育成することが主となります

 

 小児矯正治療の無料相談に来られる 多くの親御様が 針金を使う大人の矯正治療と混同されているのが現状です

 

 佐々木歯科では 子供の矯正治療は 取り外し式の床装置を使い 歯を動かすのではなく 正常な発育より劣っている顎を できるだけ正常な大きさまで 発育させていくことを小児矯正治療の根幹としています

 

 治療は すべて院長の 佐々木がおこなっています よって診療日・診療時間の中で 患者様が受診しやすい時間に 治療が可能です

 

 お子様の 歯並び 噛み合わせで お悩みがあれば まずは 診療日・毎日しています 無料相談をご利用いただければと思います

 

 

                      院長 佐々木 真啓

 

投稿者: 佐々木歯科医院 院長 佐々木 真啓 | 日時: 2016年11月 7日
2016年9月 2日

比較的重度な歯列不正を改善した3名の治療例

 

                                  

今回は、歯列不正の中でも 比較的重度に分類される患者様 3名の改善例を紹介します

 

3名全て 「歯を抜かない矯正治療」で治療しました

 

 

では まず一人目の患者様です

 

秋1.JPGのサムネール画像のサムネール画像

  上前歯に 八重歯を中心に 全体的な叢生が見受けられます

 

 治療は 埋伏している親知らずを抜かさせてもらい 萌出している永久歯は全て保存しました

 

 

 

秋2.JPGのサムネール画像 無料相談時に 治療期間は1年~1年半年以内とお約束いたしました

 

 

秋3.JPG

ご検討される日々があり その後治療申し込みをいただきましたので 治療を開始しました

 

治療は 患者様の通院忘れ等もなく 順調に進みました

 

 

 

秋4.JPG

そしてお約束した 期間内に 無事治療を終えることができました

 

 

 秋5.JPG

いかがでしょーか とても綺麗で 男らしく 勇ましさを感じる笑顔になったと思います

親御様にも とても喜んでいただけ 術者としても 嬉しかったです

 

 

では 2人目のご紹介です

 秋6.JPG

写真の患者様は、年々突出してくる 上の前歯に お悩みがありました

 

 

 

秋7.JPGのサムネール画像

 上の前歯が突出してくる原因は 奥歯の噛み合わせにズレがあることと

下顎の位置が基準より後方の位置にあることが原因でした

埋伏している親知らずを抜いた後 永久歯を抜かない矯正治療で 治ること

治療期間は、1年半~2年以内とお約束しました

 

 

 

秋8.JPG 非常に真面目な患者様で 通院忘れ等もなく 治療は順調に進みました

 

 

 

秋9.JPG

いかがでしょーか とても綺麗な歯並びとなりました

治療期間も お約束した期間内で 終了することができました

お悩みだった 上前歯の突出も 改善し とても喜んでいただけました

術者としても とても嬉しい日となりました

 

 

 

最後になります 3例目の患者様です

 

秋11.JPG

 生(乱喰い歯)と分類される歯並びで 笑顔の時 反射的に口元を手で隠されるのが印象的でした

 

 

 

 

秋12.JPG

特に 右上側の前歯と糸切り歯(犬歯)の位置関係が かなり不正です

治療は 埋伏している親知らずを抜いた後 永久歯を抜かない矯正治療で治します

治療期間は 1年半~2年以内とお約束しました

 

 

 

 秋13.JPG

 ご検討される日々があり その後治療申し込みをいただきました

術前診断どおり 右上前歯周辺は かなり難易度の高い状態でした

しかし 真面目な患者様のがんばりも あって治療は順調に進みました

 

 

 

秋14.JPGのサムネール画像

 いかがでしょーか なんとか綺麗な歯並びが形成できたと思います

永久歯を 一本も抜かない矯正治療で なおかつ出っ歯にもなっていない状態です

上の歯の歯列では 歯を抜かずに治す矯正治療の中では 限界に近かったという印象でした

 

 

 

 秋新.jpg

 術後 噛み合わせが整うことで 食事がとても美味しいと 大変喜ばれました

 術者としても とても嬉しい 喜びとなりました

 

 

今回は 矯正治療の中でも 比較的顕著な歯列不正 歯を抜かないで治す矯正治療の中でも

重度に分類される症例 3例をご紹介いたしました

 

佐々木歯科医院では 全ての治療を院長の私がおこなっていますので

治療は 診療日の診療時間内であれば いつでも患者様のご都合で選択可能です

 

歯並びでお悩み、ご相談があれば 遠慮なく 毎日受付しています矯正治療無料相談をご利用いたdければと思います

 

よろしくお願いします。      佐々木歯科 院長 佐々木真啓   

 

 

 

 

 

投稿者: 佐々木歯科医院 院長 佐々木 真啓 | 日時: 2016年9月 2日
2016年5月27日

 小学生・高学年からの受け口治療

  

 

 今回は、小学生・高学年からの受け口治療を 現在治療中の患者様を 例にして 説明していきます

 

 

西川1.jpg

 

 写真は、小学6年生 比較的しっかりとした 受け口の患者様です

 この時点で 患者様及びご家族に 説明した治療内容は

 顎の成長期が 1年程残っているので まず来年の4月頃までは 受け口を治すのではなく

 顎を大きくする 子供の矯正治療(取り外し式)で 永久歯が生え揃えられる 隙間の確保を優先します

 そして来年の4月以降 針金の矯正治療(歯を抜かない矯正治療)を1年以内の期間おこない

 受け口を改善していき 中学1年生の春休みまでには 終了しますと ご説明しました。

 

 

 では、ここで 私が伝えたいことです

 受け口の患者様は、歯列不正の中でも コンプレックスの感情が強いと感じています

 皆様 1日でも早く 受け口を改善してほしいと 願っています

 今回でも 小学6年生の時期に 針金による矯正治療で 受け口を改善することも可能でした

 しかし それだと 小さな顎の中で 受け口を改善することになってしまいます

 では 次の経過写真に進みます

 

 

 

西川2.jpg  右の写真は 現在の状態です 受け口は、すでに改善しています

  最初の1年間は、 子供の矯正治療で 顎を大きくしました

 結果 永久歯が生え揃うことができる隙間の確保に成功しました

 これにより 永久歯を1本も抜くことなく針金の矯正治療に移行できました

 針金の矯正治療(歯を抜かない矯正治療)は 2016年4月から開始しました

 すると 僅か2か月程の期間で 受け口の噛み合わせは 無くなりました

 今後は、 治療を半年程 継続していき よりしっかりとした噛み合わせを構築していきます

 そして 最初のお約束より 少し早い 今年の年末頃に 治療完了予定となっています

 いかがでしたでしょーか

 

 

 

 今回は 写真が少なく 文章が多めで 少しマニアックな 話となりました

 

 まとめです

 

 

 小さい顎のまま 受け口だけを改善してしまうと 噛み合わせは 正常に近くても 表情であったり顔貌であたったりに 受け口が残ってしまうことが懸念されています

 小学生高学年の時期は 大人と子供の矯正治療の移行期です

 つい 大人の治療に進みがちな傾向になりやすいのですが

 ここは あえて 「急がば回れ」を選択し 小さい顎を 少しでも大きくしてあげ 受け口顔を 残存させないように してあげることも大切だと感じています

 今回は そんなことを伝えたい と思い記事に してみました。

                     

                 院長 佐々木真啓

 

 

 

 

投稿者: 佐々木歯科医院 院長 佐々木 真啓 | 日時: 2016年5月27日
2016年4月26日

小児矯正治療・最近の治療例

              

 

 

 今回は 最近治療を終えられた お子様の矯正治療 5症例をご紹介いたします

 

GW1.JPG

 一人目は 9歳から治療を開始されたお子様です   

永久歯の前歯が 徐々に不揃いとなり 八重歯ぽく なってきたので 矯正治療申し込みをいただきました

                        

GW2.JPG

 9歳から 取り外し式の小児矯正治療を開始し 中学1年生の夏休みの時期まで治療をおこないました。

 とても綺麗な 歯並びに なったと 親御様・お子様に喜んでいただけました。  

             

 

 

    GW3.JPG

 2例目のお子様は 6歳時から治療を始めました 受け口治療は、できるだけ早期がおススメです 

 症状としては、比較的しっかりとした 受け口でした ムーシールドや取り外し式の矯正装置を使い、治療をおこないました

 GW4.JPG

 治療は順調に進み 12歳 小学校卒業の時期に 治療を終えることができました

 

 とても綺麗な 歯並びとなりました。

 

 

 

 GW5.JPG

 3例目のお子様は 叢生(乱喰い歯)による軽い受け口を 患っておりました

 上顎の狭窄・劣成長が顕著であったため 急速拡大装置も一時期使用しての治療となりました

 

GW6.JPG

治療開始時期が 少し遅かったですが お子様・親御様の頑張りもあり 治療は順調に進みました

中学1年生の夏休み頃に 治療を終えることができました

お子様.親御様 共々 とても喜んでいただけました

 

 

 

 

GW7.JPG 4例目のお子様 症状は 上前歯の突出と不揃いでした

 こちらも9歳から治療を開始 取り外し式 矯正装置にて 治療をおこないました

 GW8.JPG

 治療前 少し貧弱な印象だった口元が とても健康的で綺麗な口元へ 変化することができました

 こちらのお子様も 中学1年生の時期で治療を終えることが できました

 

 

 

 

 GW9.JPG

 最後 5例目の患者様です 上下前歯の不揃いと 今後の歯並びが心配 というのが主訴でした

 右写真の 各お子様専用の 装置保管BOXを見ていただいても解るように 沢山の取り外し式装置を使用しました

 とても 頑張り屋さんだった お子様のご協力もあり 治療は順調に進みました

 

GW10.JPG

 そして この春 小学校卒業の タイミングで 治療を終えることができました

 

 

 以上 今回は 最近 子供の矯正治療を終えられた5症例を用い 治療のご紹介をいたしました

 

 観ていただきたいのは 各お子様の装置保管ボックスの中が 色とりどりの装置で、沢山保管されていることです

 

 これは、矯正装置のステップアップが順調に進んだことで 咬合育成・咬合誘導が成し遂げられたということでもあります

 

  佐々木歯科医院では お子様の矯正治療・虫歯治療など 全ての治療を院長の佐々木がおこなっています

 

 お子様の歯並び・噛み合わせで ご心配な事がある親御様は ぜひ一度

 

 診療時間内に 毎日受付しています 矯正治療無料相談を お気軽にご利用いただければと思います。

 

                 院長 佐々木 真啓

 

 

 

 

投稿者: 佐々木歯科医院 院長 佐々木 真啓 | 日時: 2016年4月26日
2015年12月15日

20歳代女性 叢生の歯並びを早期に改善した症例

     

      

  今回は 叢生=乱喰い歯=ガタガタの 歯並びの改善例です

 

 

川島1.JPG

 患者様の主訴は、 「歯並びを綺麗にしたい 」でした

 

 まずは お顔と口元の バランスを見てみます

 

川島2.jpg

  治療前の顔貌写真です 閉口時に唇の緊張感 笑顔時に露出する歯並びの乱れが あります

 

  次は 口腔内の状態を 詳しく見てみます

 

 

川島3.JPG

  治療前の 口腔内写真です。上下共に 叢生=ガタガタの歯並び と 左右の八重歯があります

 

 叢生の状態も 比較的重度なため 治療期間は 1年半~2年以内とお約束しました。

  

 もちろん 永久歯を1本も抜かない(親知らずは抜きます)矯正治療で治しますとご説明しました

 

 その後 ご検討される日々があり

 

 川島4.JPG

 治療申し込みをいただきましたので 昨年5月末より 治療開始となりました

 

 

 治療は 患者様の通院忘れや、遅延等もなく スムーズに進行いたしました

 

 

 そして

 

 

 川島5.0.jpg

 

  治療前にお約束した期間より 1か月早く 治療を終えることができました

 

 いかがでしょ とても綺麗な 歯並びへと改善できたと思っています

 

 患者様にも とても満足していただきました

 

 

 川島6.JPG

  治療前・後の 口を閉じた状態での 顔貌写真です 口元がとても 豊かで綺麗になりました

 

 

川島7.JPG

 笑顔の写真での比較です 術後 綺麗になった歯並びが 上下のバランス良く 露出しています

 

 

川島8 .jpg

 今回は 叢生=ガタガタの歯並びでも 比較的重度の状態の改善例を見ていただきました

 

 同じような歯並びの患者様の多くが 「永久歯を4本抜かないと矯正できない」

 「治療は 3年くらい必要」と思われて無料相談に来られます

 

 佐々木歯科医院での 歯を抜かない(親知らずは抜きます)矯正治療は 院長の私がおこなっています

 

 治療期間は 大人の矯正治療であれば 長くても2年です

 多くの方は 1年と半年以内で 終えられています 

 

 歯並びで お悩みの方は まずは お気軽に 矯正治療無料相談を利用していただければと思います

 

 悩んでいる年数より 治療期間の方が ずっと短いのが 歯を抜かない矯正治療の魅力です

 

                   院長 佐々木 真啓

 

 

  

 

投稿者: 佐々木歯科医院 院長 佐々木 真啓 | 日時: 2015年12月15日
2015年7月18日

 7~12歳期間に小児矯正治療をおこなった3名の症例

                             

今回は、7歳、8歳時に小児矯正治療を始め 12歳 小学校卒業くらいに治療を終えられた3症例です

 

末吉1.JPG

 お一人目は、受け口と 歯並びの不正を主訴に来院された患者様です

 

 

 末吉2.JPG

 

 

 左上の前歯の位置が かなり不正となっています 受け口も早期の改善が必要とされます

 

 

末吉3.JPG

 

 最初の半年で受け口を改善し、その後上下顎の骨幅を基準の位置まで広げる 咬合育成(小児矯正治療)をおこないました

 

 

 装置を 3~6か月くらいで ドンドンステップアップし 綺麗な噛み合わせへと導いていきます

 

 

末吉4.JPG

 

 来院忘れなども なく治療は スムーズに進行し 小学校を卒業するタイミングで お約束どおり終えることができました

 

 

 左上の前歯も 綺麗な位置に 並びました。受け口も改善できています

 

末吉5.JPG

 

 治療前の写真と比べると 笑顔の表情がとても 綺麗で 豊かな口元になりました。

 

 

伏木1.JPG

 お二人目は 左上の前歯が なかなか萌出してこないこと 下の前歯が ガタガタ(叢生)に並んでいることを心配されていました

 

 

伏木2.JPG

 

 全体的に 顎の骨幅の成長が劣となり 永久歯が萌出する スペースが不足しているのが原因です

 

 

伏木3.JPG 小児矯正治療=咬合育成治療装置を 3~6か月の間隔でステップアップしていきました 

 

 

 

 ご本人 親御様とも とても熱心に取り組んでいただいたため お約束どおりの治療期間で終了いたしました

 

 

伏木4.JPG

 

 左上の前歯も綺麗に萌出し 顎も基準の大きさまで 育成できたので 全体の歯が綺麗に並びました

 

 

 伏木5.JPG

  治療前に比べて とても綺麗な 歯並びとなりました 上下の歯の露出のバランスがとても整っています

 

 

 

 

大前1.JPG 最後3人目の 患者様は 8歳から治療を始められた 男の子です

 

 

 

 大前2.JPG

 

 全体的に永久歯の萌出が遅延しています。原因は上下共に 顎の成長・発育不全です

 

 

大前3.JPG

  8歳からでも 12歳くらいまで 顎の成長期間が 残っているため できるだけ小児矯正装置を使い 顎を基準の位置まで大きくしました

 

 

大前4.JPG 12歳中学1年生 1学期の内に なんとか治療を終えることができました 6歳から咬合育成=小児矯正治療を始めている方々と比べると 幾分時期が遅めでしたが

 

 親御様・ご本人がとても熱心であったため 来院忘れなどもなく 治療はスムーズに進行いたしました

 

 

 

大前5.JPG  

 術前の 少し貧弱な口元と比べて とても豊かで しっかりとした よい歯並びに育てることができました

 

 

 まとめ

 今回は、3人の患者様による 症例報告でした 

 

小児矯正は、 歯を動かすのではなく 顎の成長を促し できるだけ自然に 自らの力で 良い位置へ歯を萌出するように 咬合を育成することが主となります

 

 小児矯正治療の無料相談に来られる 多くの親御様が 針金を使う大人の矯正治療と混同されているのが現状です

 

 佐々木歯科では 子供の矯正治療は 取り外し式の床装置を使い 歯を動かすのではなく 正常な発育より劣っている顎を できるだけ正常な大きさまで 発育させていくことを小児矯正治療の根幹としています

 

 治療は すべて院長の 佐々木がおこなっています よって診療日・診療時間の中で 患者様が受診しやすい時間に 治療が可能です

 

 お子様の 歯並び 噛み合わせで お悩みがあれば まずは 診療日・毎日しています 無料相談をご利用いただければと思います

 

 

                      院長 佐々木 真啓

 

投稿者: 佐々木歯科医院 院長 佐々木 真啓 | 日時: 2015年7月18日
ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ