ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 最近の治療例> 歯の根の治療て実際どう見えるの?(前編)

最近の治療例

2006.11.04

歯の根の治療て実際どう見えるの?(前編)

%E6%B0%B8%E9%87%8E%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC.JPG
今日ある患者様からの質問に答えた写真を見ていただきます。
写真は、上の奥歯(一般的には、6才臼歯と呼ばれます)の写真です。
穴が4つ見えると思います。これが歯の神経があるところで、歯の根がある所です。
よく先生方が、歯の根の治療・神経を取る・根の病気の治療・と説明している場所です。
不幸にも歯の神経があった根が感染(主としては、虫歯菌)してしまうと治療対象となります。
%E6%B0%B8%E9%87%8E%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88.JPG
上の写真・根の掃除の終了後・紙の棒状(歯の根の形態に似せた)に消毒液を滲みこませたものを
根の中に浸けておき、掃除・消毒を繰り返すことにより、歯の根の感染を改善していきます。
歯の根の治療は患者様にとって解りにくく治療回数も多くなるため、今後順次解り易く提示し
ていきますが、質問等あれば、遠慮なくお気軽に。  佐々木

ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ