ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 医院diary

医院diary

2020.06.05

自粛期間中に製作した模型

 

今回は自粛期間を利用して、自室の棚の上で10年程熟成させてあった

 

模型を製作したお話です

 

 

説明書通りに完成させると

 

 

写真(製作見本)のようなソリッドの赤になります

 

しかし、この10年程で、模型塗料において素晴らしい技術革新と発展がありました

 

そこで今回は、素人には煌めきのある発色を出すのが、なかなか難しかった

 

メタリックパール塗装(最近ではキャンディー塗装と呼びれる方も)

 

に挑戦してみました

 

 

 

なかなかの煌めきが再現できたかと思っています

 

嬉しくなって妻と子供に見せると、ザリガニみたいだねとの感想をいただきました(^-^;

 

そしてメタリックは、埃が大敵なので、

 

 

お気に入りのアクリルケースに保管することに

 

製作期間は、毎日少しづつの のんびり製作で、3週間程になりました

 

なかなか楽しめた自粛期間となりました。

 

佐々木

 

 

 

 

 

2020.06.02

BBQ

 

みなさん、こんにちは(*^^*)

6月に入り、暑い日が増えましたね。

 

先日、BBQをしました♪

 

 

 

夕方にしたので気温もちょうど良く

楽しむことができました!

 

準備、片付けが大変ですが

外で食べるお肉は美味しいですね^^

 

次は安居さんです。

よろしくお願いします)

 

2020.06.02

佐々木歯科流インプラント治療=長期経過観察治療例から

昨年書いた記事です

 

できるだけ歯を削らいない治療方針でおこなっている

 

佐々木歯科流のインプラント治療を紹介します

写真は、2007年初診時、60歳後半の女性 主訴は、噛めないのでインプラントをしたいということでした

 

 

治療計画は、

ご高齢から健康面も考慮し、インプラントが安全に植立できる箇所のみを選択し

上下で7本としました

そして今後できるだけ、インプラントを増やさない、歯を削らない、治療をしないために

歯周病と虫歯管理を徹底しました

 

その内容は、シンプルです、1日最低3回以上の歯ブラシと歯間ブラシによる歯間清掃です

2008年にインプラント治療が完了し、他の歯はあえて触らず、削らず、予防管理のみしました

 

そして2019年 11年後の現在です

いかがでしょうーか インプラントは全部健康に機能しています

 

ご高齢でもインプラント周囲、ご自分の歯の周囲の骨もほとんど痩せていません

 

これは、この11年間患者様が毎日1日3回以上の歯ブラシと歯間ブラシによる歯間清掃を徹底していただけたからです

 

初診のレントゲンと比較してみてください、この11年間で佐々木歯科で削った歯は3本です

 

一つは2007年初診時にすでにあった虫歯(左下小臼歯)が1本

 

昨年2018年に、右上のブリッジの歯が脱離(20数年使用したための経年劣化)した2本です

この2本は、再びブリッジができる程の歯質強度はありませんが、単独歯ならばあと数年は機能できるため

ここは、低コストな保険治療を選択し、銀歯2本と歯の無い間を補う1本義歯(入れ歯)で治療しました

 

そして現在の状態です

2007年佐々木歯科に来院されてから、この患者様には新たな歯の病気はできていません

 

私が修復したのは、経年劣化の2本と初診時にあった虫歯1本だけです

 

 

佐々木歯科の患者様で、歯を削ってないのに、予防で10数年通われてる患者様は少なくありません

 

その患者様の共通点は、シンプルです

 

歯ブラシによる歯磨きが1日3回以上で、

 

歯間ブラシによる歯間清掃も1日3回以上されている方々です

 

まとめ

病になってからおこなう対処療法は、医院サイドには、経営の安定と繁栄があり

患者様サイドでは、不摂生を謳歌できるというメリットがあります

昭和・平成の医療は、まさに対処療法が旺盛を極めた時代でした

令和と年号も変わり、そろそろ予防を中心とした医療を根付かしたいと思う毎日から

この記事を書いています。

佐々木

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.27

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話

 

最近読んだ本の中で、印象深った作品です

経済本ですが、歴史と地政学から考えた結果、見えてるくる経済というお話です

佐々木は、歴史と地政学が人間の営みと思想を形成してきたと思っています

ですから、今回の作品の内容は、大好物です (^-^;

私が子供の頃に習った経済学は、どちらかというと人種優生論や国家優生論

から観た経済学が主流だったと思います

私が、自分の子供に教えたい経済学とは、お金の価値に目を向けた経済ではなく

お金の面で価値は乏しくても、社会と家族が幸福を感じられれば良しとする経済です

幸いなことに、日本という国は地政学的に恵まれている事も多いと思います

今回の書籍は、そんな私にとって とても参考になりました

親子でこの問題を少しづつ理解していきたいと思います

 

 

2020.05.26

伊吹山ドライブウェイ

 

みなさん、こんにちは^^

お天気もよく、夏が近付いていることを感じる日が多くなってきましたね。

この前の週末、ドライブをしに伊吹山へ行って来ました。

頂上はまだ肌寒かったですが、いつもの琵琶湖が見る角度で全然違うと感じました☆

次回は大辻さんです(^ー^)
よろしくお願いします。

 

 

2020.05.19

メタセコイア並木

 

みなさん、こんにちは^ ^

 

最近、お家で過ごすことが多かったので

気分転換にドライブをしてきました!

 

湖岸を通り琵琶湖を感じならがら

メタセコイア並木をゆっくり通り抜けてきました♩

 

 

新緑がとても綺麗で癒されました(´∀`)

 

次は、紅葉の時期に行きたいと思います

 

 

次は安居さんです。

よろしくお願いします)

2020.05.19

デンマーク旅ごはん

 

2018年10月に書いた記事ですが、北欧スタイルが最近日本でも話題ですので、

再掲載させていただきます

 

料理研究家で有名な ケン・コウテツさんの番組です

北欧の幼稚園での給食事情に関する内容なんですが、日本でも話題の食育が題材です

お子様の受診で、佐々木歯科に来院されると ほぼ必ず説明を受ける食育に似ている内容です

個人的には、とても素晴らしい教育だと感じています

北欧は、福祉大国と呼ばれ、多くの教育・医療費が大人になるまで無料といった御国事情です

一見とても素晴らしく感じると思いますが、これだけ充実した福祉制度ですと、国の税収の4割が医療・教育が占めることになります

よって日本の消費税に値する税金が24%~27%ととても高額です

税金が高いため、夫婦共働きは当然となります

無料の医療費 特に歯科に関しては、成人になると保険もない自費負担になります

虫歯や歯周病による罹患は、不摂生による自己責任となり、とても高額(通院時、毎回1万円以上は必要)です

そのため北欧の方は、歯科治療が安価な エストニアやポーランドなどに船と電車を使って旅行のような形で治療に行くという人もいるほどです

しかしよく考えると、幼い頃から、食育と予防が充実していると歯科での治療する必要がなくなるということです

その光景が今回の動画で観ることができると思います

ここに興味深いデーターがあります。日本でよく聞かれる 8020(ハチマルニイマル)運動です

80歳の時 自分の歯が20本(永久歯28本)残っていれば、老後、食事に困らないので、歯を大切にしましょーといった運動です

では、現在の日本人80歳の平均残存歯数は、というと28本中 8本~9本です

北欧のスウェーデンの80歳の平均残存歯数は、28本中 25本~26本です

世界一の国民皆保険制度と海外から賞賛されている日本の医療保険制度で、このような結果になっています

日本は、とても安価で歯科治療を受けられる素晴らしい国だと、私も思っています
皆さん歯が悪くなったら、歯科医院で治療を受けることが大切と認識していると思います

現在の80歳の方々の多くも、そのような人生を過ごされたと思います

しかし、歯を治療しなければならない生活習慣だと老後、歯が無くなり食事が困るという結果でもあります

逆に、歯科治療が高額負担となる北欧は、予防と規律正しい食生活を大切にし、老後歯に困らない人生を過ごされています

私は、医療人に多く見受けられる北欧崇拝者ではありません
ただ北欧から学ぶことは、多いと感じてもいます

佐々木歯科医院を受診される患者様には、ぜひ観ていただきい動画だと思い、今回

記事にしてみました。

佐々木

 

 

 

 

2020.05.15

HOW TO BUILD GUNDAM

 

 

 

1981年 佐々木が小学生の高学年~中学生時代に夢中になった本です

 

最近復刻版が、電子書籍からお値打ち価格で発売されております

 

当時ガンプラをここまで、格好よく改造されていることに衝撃を受け

 

毎日のように眺めていた本です

 

特に、感銘を受けたのが

 

 

砂漠使用のグフでした

 

そうか! アフリカに進攻していたのか、だから砂漠(デザート)使用なんだと

 

ミリタリー好きの男の子は、もう一目で惚れてしまう世界でした (^-^;

 

それから佐々木にとってグフは、青ではなく、デザート使用が定番です

 

今回の自粛、Stay Home期間に、当時を懐かしみ

 

 

現代のプラモデルの技術を癒合させて製作を楽しみました

 

アウトドアを楽しめる時が来るまでは、インドアで静かに暮らしていこうと思います。

 

佐々木

 

 

2020.05.13

歯科医はなぜ 手袋や機器を使い回すのか ドリル編

 

最近下記の記事(2017年7月)へのアクセスが多くなってきていますので

再掲載させていだきます

ご参考にしていただければと思います

ドリル1

前回に続きまして 今回は 佐々木歯科における 切削器具(ドリル)の滅菌状況について ご報告いたします

佐々木歯科では 滅菌していないドリルの使い回しは ございませんので ご安心していただければと思います

では 実際の状況を ご説明いたします

ドリル2

写真は 各診療台の上に設置しているドリル群です。

私は 総合歯科医として 歯科における あらゆる分野の治療をしております

結果 各治療の内容により どーしても 常備しているドリルの種類は多種多様になっています

このドリル群の中から 治療で使用したドリルは

ドリル3

診療台の 消毒液に浸してある シャーレで 一時保存します

その後 1日2回(午前の診療後 午後の診療後) 洗浄・滅菌処理をいたします

ドリル5

ドリルを 一つずつ スタッフが 細かく洗浄した後 滅菌対応のスタンドに 立てかけ

ドリル6

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)にて 滅菌処理をいたします

その後 冷却・乾燥が終わると 最初の 診療台の ドリル植立ケースへ 戻すという過程になります

ここからは 前回と同じ説明ですが

厚生省が定める施設基準で 「 歯科外来診療環境体制加算の施設基準 」 というのがあります

歯科外来診療環境体制加算の施設基準とは、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た保険医療機関において、歯科外来診療の総合的な歯科医療環境の体制整備に係る取組を行った場合という施設基準です。

これは歯科診療の特性を踏まえ、より安全で安心できる歯科外来診療の環境の整備を図る取り組みに対する評価です。

歯科外来診療環境体制加算に関する施設基準

(1) 偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。
(2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること。
(3) 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等を有していること。

ア 自動体外式除細動器(AED)
イ 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
ウ 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
エ 血圧計
オ 救急蘇生セット(薬剤を含む)
カ 歯科用吸引装置

(4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
(5) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること。
(6) 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
(7) 歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。
(8) 当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法やその対応および当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

もちろん 佐々木歯科医院は この施設基準の審査が始まった当初に合格しており 施設基準認定医院となっておりますので 通院される患者様は ご安心していただければと思います。

院長 佐々木 真啓

2020.05.12

GWの過ごし方☆

 

みなさん、こんにちは^^

今年のGWは、stay home*おうち時間のため、外出を控え、家で楽しむ方が多かったことと、思います。

私も掃除や模様替え、衣替えをしたりと、晴れた日が多くて良かったです!!

そして、息抜きにHuluで安室奈美恵サンの無料配信を楽しみに過ごしました(*´∀`)♪♪

連休だからこそ、大がかりな模様替えにも取り組めて、すっきりしました☆

みなさんは、どうお過ごしになられましたか??

次回は大辻さんです。
宜しくお願いしますm(__)m

 

 

3 / 22912345...102030...最後 »
ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ