CATEGORY : 一般症例

佐々木が考え 実践している歯周病対策

佐々木が考え 実践している歯周病対策

今回は、佐々木が考え、医院で実践している歯周病対策を紹介します 写真の患者様は、かれこれ14年程、年に3回程のペースで歯石除去に来院される患者様です 生活習慣は、1日2回(朝と夜)の歯磨きで、歯間ブラシの歯間清掃は、0回です 当時は、最低1日3回以上の歯磨きと歯間ブラシの歯間清掃も3回ですよと説明すると 「はいはい」 と軽く受け流されてしまいました (^-^; でも当院を気にいってくれたのか その後年に3回程のペースで歯石除去に来られました ここであえてレントゲン説明をします 初診時と昨年に撮影した歯全体が解るレントゲン写真です 観ていただきたいのは、この13年間 佐々木は歯を1本も治療していないことです おこなったのは、歯のクリーニングのみです 違う歯科医師が観れば、あの歯は治療した方が良いと思う歯も数本あるかとも思います しかし佐々木は、あえて治療をしないでいました 佐々木歯科に来ると、「疑わしきは罰せず」「寝てる子をわざわざ起こさない」等の説明をよく受けます その事を踏まえて、これから この患者様の経過を観ていただきます 初診から7年程経過しました、歯磨きは1日3回に増えました 歯間ブラシによる歯間清掃は、1日まだ0回です 初診より歯磨きの回数が1回増えたことで、茶渋の沈着量は少し減りました 「歯間ブラシを1日3回すると歯石がつかなくなりますよ」毎回説明していますが いつも「はいはい」といって帰られます (^-^; ではその後 初診から10年経過しました 生活習慣は、1日3回の歯磨きと夜1回の歯間ブラシによる歯間清掃に変化していました 1日1回の歯間ブラシが増えたことにより歯石の沈着が以前より減少しました 「歯間ブラシを1日3回に増やすと歯石はつかなくなりすよ」と説明すると やっぱり「はいはい」といって帰られます (^-^; そして先日、今年最後のクリーニングに来院された時の写真です 生活習慣は、1日3回の歯ブラシと1日3回の歯間ブラシに変化していました 結果、歯石&茶渋は ほぼ無しといった状態で歯周病検査も異常なしの健康な口腔環境となりました 患者様 「そーいえば佐々木歯科に来るようになってから歯の治療しなくなったな」 「昔はよく虫歯ですよ治療しておきましょーと言われ、歯削られたんだけどな」とおっしゃっていいました 佐々木 「それは〇〇さんの生活習慣が変化したからですよ」と説明しました そして「私・佐々木は1日6回の歯ブラシと1日6回の歯間ブラシ&フロスをしています」 〇〇さんもいかがですか?と説明すると 「はいはい」といって帰れらました 来年来院される日が楽しみです (^-^; 追記 そして最近の来院が、2023年の年末頃 初めての来院から17年後 歯石や茶渋が付いていない状態で来院 歯周病検査異常無し 健康な状態でメンテナンスに来院 ここ数年来院は、年3回から年2回に減少 佐々木がこれまで治療をしたことは、17年間ゼロ 個人の医院経営から見ればマイナスの患者様です しかし社会全体から見れば、プラスの多い患者様で佐々木自身嬉しく思っています ではもう一人の患者様を紹介します 5程前に当院にクリーニングで通う奥様の紹介で、初診となった患者様です 生活習慣は、1日3回歯磨きと1日1回の歯間ブラシでした 佐々木 「1日3回の歯ブラシと1日3回の歯間ブラシをすると歯石はつかなくなりますよ」と説明しました それから写真の患者様は、年に4回程のペースで夫婦で通われるようになりました そして今朝、今年最後のクリーニング前の写真です 歯石も茶渋も付いておりません 生活習慣は、1日3回の歯ブラシと1日3回の歯間ブラシに改善しています しかし患者様は、「たまに茶渋がつくんだよ そこはどーしたらいいの?」 そこで私・佐々木は、マスクを外し、自分の歯を見せて 「私は、1日4~6回程コーヒーのブラック」好んで飲んでいますが、茶渋ついていますか」 患者様「ついてないね、なんで?」 佐々木 「歯磨きが1日6回、歯間ブラシとフロスが1日6回だからですよ」 患者様 「歯磨き粉は何使ってんの」 佐々木 「妻が安売りの時スーパーで買ってくる虫歯予防の歯磨き粉(クリニカ)ですよ」 大事な事は、湯飲みやマグカップも飲んだ後 すぐ洗わず放置していれば、茶渋はつきます 歯も同じで、飲んだら放置せず、歯を磨いておけば茶渋はつかなくなるということです 最後です 佐々木歯科には、今回の患者様のように、10年以上歯の治療もしていないのに通われる方が多くおられます しかし、大切な事は、佐々木歯科に通う事ではなく、生活習慣を整えることです その動機付けに、佐々木歯科をご利用いただければと思っています。 佐々木

CATEGORY : 小児矯正治療カテゴリを追加

子供の矯正治療、実際骨の中では、どーなってるの?

子供の矯正治療、実際骨の中では、どーなってるの?

永久歯が萌出し始めてくる時期 小学1年生の頃から、世界中で子供の矯正治療が始まります 佐々木歯科でも子供の矯正治療は、小学1年生から6年生までの時期が一番おススメと説明しています では実際どーなっているか レントゲン写真で経過を観てみましょー 上の前歯が曲がって萌出してきたことで、将来が心配になり来院された症例を例にしてみます レントゲン写真だと骨の中にいる永久歯が詰まって、窮屈な印象があると思います モンスターズインクのマイクと同じ、顎を大きくする(取り外し式)装置を用います 上の写真が佐々木歯科で一般的にに使用する装置です では1年生~6年生までの経過を観ていきましょー 大人の矯正治療のように、歯に針金を付けて、歯を動かしていないのが子供の矯正治療のメリットです 歯を針金で動かすと、歯の根が短くなったり、歯が弱ってしまうデメリットがあります そしてその顎を装置で成長させることができるのは、平均12歳くらいまでなんです お子様の矯正治療は大人の矯正と比較して治療期間が長くなります 小学生=顎の成長期を利用し、小さい顎を永久歯が綺麗に生え揃う大きさまで成長させることは、 針金などで歯を動かすことでのデメリット(歯の根の弱体化)を回避できることが最大のメリットです 多面的に子供の矯正治療をご検討していただければと思っています。 佐々木

CATEGORY : 一般症例

その被せ物まだまだ使えますよ 治療しないで済む方法

その被せ物まだまだ使えますよ 治療しないで済む方法

  アーカイブ記事   以前に書いた記事の再掲載です 物価高騰などの社会情勢の影響により、営利目的からの治療が散見されるようになりました ご参考の一つになれば幸いです     佐々木歯科の患者様で、他府県に引っ越された方が、久しぶりに来院されました   現在のお住まいで、通院されている歯科医師先生からのお手紙付きでした   簡単に説明すると、佐々木歯科医院で治療した被せ物周囲の不具合でした   お手紙の先生は、不具合の歯ぐきを切開するなどの対処療法で対応していただいたようです   しかし、患者様の違和感は解消できないため、推測での治療を試みようとしたところ   患者様が、まず原因を知り、その原因を取り除く治療をしたいと訴えられました   それでは、被せ物の治療をした佐々木歯科医院に相談してください   となり、遠方ではありますが来院となった経緯です   佐々木が診察すると すぐに原因が解り、その根本的な原因を取り除く方法を伝授しました   患者様には、納得していただくことができましたので   治療や投薬など何もせずに帰宅となりました   それから2~3日後に連絡があり   「先生二日後には、張れが消えて すっかり違和感がなくなりました」 「あの違和感は、こんな簡単な事だったんですね と感謝されました」   はい いつもの   単純に原因は、不潔だったからです 患者様は、歯間ブラシが1日1回 でも食事は1日3回だったんです   ということは、食事2回分の汚れが残ることになり 不潔が蓄積され不具合となっていたんです   佐々木は、1日3回以上の歯間ブラシをすることを薦めただけだったんです   えっ! と思われた方も多いと思います   専門的には、今回の病状は   」 根分岐部病変と呼ばれ、それだけで専門書が発売される程の難病とされている病変です   しかし、専門書の中身は、病変に対しての分析結果や病変に対しての対処療法が主で   最初の原因は、何なのかということが、はっきりとは書かれていないんです   原因は、生活習慣の乱れからくる不潔なんですね   今回の患者様は、歯磨きが1日3回 歯間ブラシが1日1回だったんです   これが例えば、歯磨き1日2回(朝と夜)  歯間ブラシ0回の習慣だった場合は   さらに不潔が倍増されますので   歯肉の張れだけではなく、発赤&出血&痛みも訴えられるようになるんです   では 他の患者様の例でも説明します   60歳代の患者様 佐々木歯科に通院され数年です   最近他院で10~20年前に治療した銀歯の周りの歯肉が腫れてきましたが痛みはありません   患者様 「先生 そろそろこの銀歯だめでしょー 新しいのにした方がいいんじゃない?」   佐々木 「いや まだまだ使えますよ そのためには歯間ブラシを1日3回に増やす事です」   患者様 「 本当?」   佐々木 「はい だまされたと思って1週間やり続けてください」   上の写真に結果がでていますが、歯間ブラシの回数の増加で腫れは消失し、健康な状態に戻っていますね   では   もう一人の患者様   こちらも60歳代の患者さまです   最近 他院で20数年前に治療した銀歯の周りの歯肉が腫れが消えませんと訴えられました   今回も前回の患者様も佐々木歯科に通院されて数年です   生活習慣は、歯磨き1日3回 歯間ブラシ1日1回です   お二人共に、歯磨き3回と歯間ブラシ1回の習慣ですので症状は、   張れのみで、痛みなどはありません 比較的軽度の症状です   しかし佐々木から診ると、まだまだ不潔です 最低1日3回は歯間ブラシが必須です   生活習慣を改善していただくと、歯医者での治療は激減します   ロシアによるウクライナへの侵略行為で、歯科用金属の高騰が続いています   佐々木としては、同じことを繰り返す その場しのぎの対処療法は、第二選択で   まずは根本的な原因の解決として、生活習慣の改善を   第一選択とすることを、最重要と考えて日々診療をしています     「食べたらみがく やくそくげんまん」 NHKおかあさんといっしょ より (;^_^A   佐々木        

CATEGORY : 小児矯正治療カテゴリを追加

矯正をしなくても綺麗な歯並びに育てる、おすすめ食育動画

矯正をしなくても綺麗な歯並びに育てる、おすすめ食育動画

https://youtu.be/Uy_D0aAiJUE?si=YgtfGhfZoi6GQKcS&t=170 佐々木家 家族全員が大好きなご家族のYouTube動画です リンクを貼り付けておきます ぜひご覧ください おすすめです! 1歳の頃から積極的に食育(BLW=Baby-led Weaning)を取り入れているご家族で とても健全で良好な口腔環境と発育が成されています この食べ方が顎を大きく育て、将来矯正治療しなくても綺麗で整った歯並びになる習慣です 動画のお子様の乳歯全てに、隙間ができています この隙間が5~6歳に萌出してくる永久歯には必要となります 現在乳歯と乳歯の間に隙間がなく、大人のように綺麗に整っているお子様は、 乳歯より大きい永久歯が萌出した時にはスペース不足となり歯並びは不揃いとなります 大切なことは、ご両親が手助けせず、見守っていることです お子様の自発性を尊重しています 食べ物を落としても、火傷の心配も、勇気をもって放任していることです 佐々木は、矯正治療は最終的な手段で、まずは生活習慣で綺麗な歯並びを育てる 食育(BLW=Baby-led Weaning)を取り入れてみることをおすすめしています 下記に参考資料も提示します ご参考になれば幸いです 佐々木

CATEGORY : 小児矯正治療カテゴリを追加

これからの小児矯正治療のゴールを提示

これからの小児矯正治療のゴールを提示

令和を生きるZ世代のお子様には、グローバルスタンダードな歯並び=広く開口する笑顔 ワイド スマイルができる歯並びの治療をご提示しています 上の写真は小学高学年のお子様です 上の前歯の突出の改善が治療目的でした 中学生の頃には、永久歯を1本も抜かずに前歯の突出を抑え、ワイドスマイルも形成できました 永久歯を抜いて小さくまとめる昭和・平成に主流だった矯正治療だと近年話題の バッカルコリドーが継続され、将来コンプレックスになることが危惧されています 二人目の紹介です 永久歯を抜かずに綺麗に治したいと希望され治療開始となりました 八重歯になる危険性も交差咬合も回避し、上下の歯の露出具合もグローバルスタンダードになりました 口の中の顎の骨を大きくできる成長期が少し残っていたので最大限成長を促進しました 結果ナロー(幅が狭い)スマイルから、ワイドスマイルへと改善できました 10年前と比較してもバッカルコリドー = ナロースマイルを気にされる方が増加しています 歯並びの感心事は、近年より高まっていて求める歯並びもグローバル化へと進んでいます 現在世界規模で活躍している10~20歳代の著名人は、皆さんWide Smileです 佐々木が矯正しているお子様の笑顔は、世界の人々からも褒められる歯並びを昔から心掛け治療しています 佐々木歯科で小・中学生の頃に矯正したけど、大人になって少し歯並びが気になるという方のケアも最小限の費用でカバーしています 佐々木は自分が幼少の頃から、歯並びは日本より欧米を基準に見ていました そのことは、過去の記事でよく書いています (;^_^A 佐々木歯科の矯正治療にご興味を持っていただけましたら ぜひ無料相談をご利用していただきたいと思います 歯科医師になって30年の経験と国際的視野からのご提示をさせていただいています。 佐々木

CATEGORY : 成人矯正治療

矯正治療後 リテーナーを付けなかった事での歯の乱れは世界共通です

矯正治療後 リテーナーを付けなかった事での歯の乱れは世界共通です

    以前の記事で紹介した映画「エイティ・フォー・ブレイディー」の印象的なシーン   恋愛に発展しそうなシーンで 完璧なイケメンに対して、サリーフィールドさんが欠点を見つけようとして言ったセリフです       アメリカなど英語圏では、歯並びが乱れていることは昔から欠点とされています     イケメンさんは、矯正治療はしていましたが、その後リテーナーを付けなかったんですね   リテーナを付けなかったのは、自己都合だったんですね   アメリカらしい同情することもなく シビアでドライな返答でした   日本より矯正治療が一般的なアメリカでは、矯正後の後戻りは珍しいことではありません   あーあいつもそうか というくらい一般的な出来事でもあります   佐々木は、欧米のホームドラマや映画を沢山観ますが、矯正関係の話題は、珍しくありません   その多くが、自己管理が出来ているか出来ていないかの判断材料となっている様子です   佐々木歯科のリテーナーは、きちんと装着すれば、一生使用できるハードタイプを選択しています   佐々木歯科で矯正治療を終え、10年以上経過していても、就寝時リテーナーを装着している方は   皆さん、今でも綺麗な歯並びを保持しています   リテーナは、グローバル基準だとパジャマと同じで、寝るときは装着する事と定義されています   得られる効果は、永続的に綺麗な歯並びが保たれます   ご参考になれば幸いです。   佐々木    

CATEGORY : 一般症例

世界の高級歯科医院のメンテナンスと同じ内容で

世界の高級歯科医院のメンテナンスと同じ内容で

    アメリカを始め、世界の歯科医療は、税金(国民皆保険)が適用できないため高額です   (後ろの壁に掛かっている機械はレントゲンです 日本では違法 アメリカは合法 倫理観は各国で違います)   よって歯科医は、1日に診療する患者数は 多くても10人ほどです   高級サロンのような医院ですと3~5人程 内容はメンテナンスが中心となっています   そんな医院で採用されているメンテナンス法が     医療用の洗浄機による、歯周ポケット内の洗浄です     街中の電気屋さんで売っているような製品とは性質も性能も大きく異なります     プロが一つ一つの歯周ポケットの中を洗い、老廃物を洗い流すことが歯周ポケット洗浄です   少し解りやすく説明すると   健康な方で3mm 不健康な方は、さらに深めの歯周ポケットがあるんです     そして健康な方で 毎日しっかりフロスをしている方にもお勧めしている理由は     歯周ポケットの1mmまでがフロスの清掃範囲内なんです   ということは健康な方でも、少し老廃物が溜まっていくということです   歯周ポケット1mm~3mmまでの間の老廃物を歯科医院で洗浄しているという訳です     歯医者さんや歯科衛生士さんに超音波で歯石を取ってもらう事とも違います   歯や歯肉の汚れを取る事ではなく   老廃物 = バイオフィルムを除去することです   佐々木は以前から、このメンテナンスを患者様に行いたいと思っていました     その理由は     国民皆保険制度が開始されて60年程 日本は安価で何処でも治療が受けられる恩恵がありました   しかし負の遺産として、老後に歯が残っていない民族となってしまいました     歯が抜ける原因は、若くして歯の治療を受けてしまう習慣が最大となっています   老後に歯が残るように改善していくためにも、海外の良い所は導入していこうと思いました   しかし現在日本の歯科医療体制ですと、幾つか障害がありました   時間を掛けて その一つ一つの障害を解決していき、導入することができました   内容は、世界の高級歯科医院でおこなっていることと同じです   そして1人でも多くの方に利用してもらいたいとの気持ちから初めています   詳しく説明すると、お困りになる医院様やメーカーなどがあり   あえて     あやふや や うやむや な形でお知らせしています。   佐々木            

CATEGORY : 小児矯正治療カテゴリを追加

佐々木歯科の小児矯正治療は、歯を動かすのではなく、骨を大きくします

佐々木歯科の小児矯正治療は、歯を動かすのではなく、骨を大きくします

      骨を大きくして、綺麗な歯並びに育成する 20数年前の日本では、マイナーな治療でした   歯並びが悪いのは口の中の顎が小さいからです   対処として、歯を抜いてスペースを確保して残りの歯を綺麗に並べる   いわゆる対処療法が主体でした   世界では、成長期を利用し、口の中の顎の骨を大きくする小児矯正治療が主流でした   佐々木歯科では、20数年前から 子供の矯正治療には   口の中の顎の骨を大きくして、歯は針金などで、動かさないように治療してきました   もちろん永久歯を、1本も抜いたりしません   しかし、当時は顎を大きくすると顔が大きくなりブサイクになりますよ など   誤った都市伝説や批判の声も少なからずありました   しかし時が進むと   骨を大きくしたり、骨量を増やすメカニズムのエビデンスが 基礎科学で立証されていき   テレビ等でも特集されるようになりました     最近では、根拠に基づいた、骨量を増やす運動療法も一般化されつつあります         衝撃や、骨を広げる力によってオステオポンチンからオステオカルシンへの   順位の変換が基礎科学で立証(佐々木が滋賀医大在籍30年程前はまだ仮説)されたことは   骨を大きく広げて育てる小児矯正治療の整合性として、証明されることになりました   このエビデンスが確立されたのは、最近です   佐々木歯科で佐々木自身が、小児矯正治療を始めた20数年前は、まだ仮説でしたが   臨床医として、対処療法より原因療法を主体にと考えていましたので   日本の主流より、世界の主流を選択しました。   この20年の変化で、日本及びアジアで笑顔の基準がグローバル化しました   お顔は、小顔でも口の中の顎の骨は、食育又は、子供の矯正装置で大きくすることが可能です   小顔だけど、口の中の顎は大きいから、笑うと歯が沢山露出して、素敵だなと思う   Z世代(現在10~20歳代)の方々が増加しています   最後   顎の骨が大きく育つ成長期は、平均的に12歳頃までです。   佐々木    

CATEGORY : 成人矯正治療

お子様の矯正治療 佐々木歯科でのゴールはワイド スマイルです

お子様の矯正治療 佐々木歯科でのゴールはワイド スマイルです

令和を生きるZ世代のお子様には、グローバルスタンダードな歯並び=広く開口する笑顔 ワイド スマイルができる歯並びの治療をご提示しています 上の写真は小学高学年のお子様です 上の前歯の突出の改善が治療目的でした 中学生の頃には、永久歯を1本も抜かずに前歯の突出を抑え、ワイドスマイルも形成できました」 永久歯を抜いて小さくまとめる昭和・平成に主流だった矯正治療だと近年話題の バッカルコリドーが継続され、将来コンプレックスになることが危惧されています 二人目の紹介です 永久歯を抜かずに綺麗に治したいと希望され治療開始となりました 八重歯になる危険性も交差咬合も回避し、上下の歯の露出具合もグローバルスタンダードになりました 口の中の顎の骨を大きくできる成長期が少し残っていたので最大限成長を促進しました 結果ナロー(幅が狭い)スマイルから、ワイドスマイルへと改善できました 10年前と比較してもバッカルコリドー = ナロースマイルを気にされる方が増加しています 歯並びの感心事は、近年より高まっていて求める歯並びもグローバル化へと進んでいます 世界規模で活躍している若い世代の有名人の笑顔は皆さん ワイドスマイルです 佐々木が矯正しているお子様の笑顔は、世界の人々からも褒められる歯並びを昔から心掛け治療しています 佐々木歯科で小・中学生の頃に矯正したけど、大人になって少し歯並びが気になるという方のケアも最小限の費用でカバーしています 佐々木は自分が幼少の頃から、歯並びは日本より欧米を基準に見ていました そのことは、過去の記事でよく書いています (;^_^A 佐々木歯科の矯正治療にご興味を持っていただけましたら ぜひ無料相談をご利用していただきたいと思います 歯科医師になって30年の経験と国際的視野からのご提示をさせていただいています。 佐々木

CATEGORY : 佐々木歯科医院の治療について

佐々木歯科の矯正は歯が多い?

佐々木歯科の矯正は歯が多い?

        アイドルグループのてっぱんお笑いネタです   でも彼の歯は多くないのです、歯を抜かない矯正治療の効果で、   笑顔の時、上下の歯が沢山見える結果 現状の日本では、歯が多く観える印象になるだけです   しかし、海外では彼の笑顔は普通で、とても好ましい歯並びという印象になります   佐々木としては、               日本の芸能界は、まだまだ歯を抜いて小さくまとめる、治療が主流の印象です   でも抜歯矯正は世界での主流ではなく、上の写真の彼は、海外では寂しい口元になります   ということで           昨年2020年に、佐々木歯科で1年程の治療期間を経て矯正治療をおこなった患者様方々です   皆さん歯が沢山です (^-^;   術前の歯列不正は、多種多様ですが、ゴールは同じ、グローバルな歯並びです           歯が沢山でも、佐々木歯科の矯正は、横から見て出っ歯やゴリラ顔になることはありません               今回は、20歳~40歳歳代の患者様にご協力いただきました   4人共に、笑顔の時の写真で、上下の歯が綺麗に露出しています   これが、歯が沢山 = グローバルな歯並びです   術前の歯並び&性別&ご年齢に関係なく 仕上がりは皆さま同じで   「歯が沢山です!!」 笑   歯並び・噛み合わせでお悩みの方は まずは毎日実施している 矯正治療無料相談をお勧めしています     お気軽に ご相談いただければと思っています。     佐々木      

WEB予約
診療時間
9:00〜13:00
15:00〜18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
WEB予約 電話をかける
9:00〜13:00
15:00〜18:00
休診日:木曜・日曜・祝日