ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 医院diary> 佐々木歯科の小児矯正治療は、歯を動かすのではなく、骨を大きくします

医院diary

2022.06.24

佐々木歯科の小児矯正治療は、歯を動かすのではなく、骨を大きくします

 

 

骨を大きくして、綺麗な歯並びに育成する 20数年前の日本では、マイナーな治療でした

 

歯並びが悪いのは顎が小さいから、対処として、歯を抜いてスペースを確保して歯を綺麗に並べる

 

いわゆる対処療法が主体でした

 

世界では、成長期を利用し、骨=顎の骨を大きくする小児矯正治療が主流でした

 

佐々木歯科では、20数年前から 子供の矯正治療には

 

骨=顎の骨を大きくして、歯は針金などで、動かさないように治療してきました

 

もちろん永久歯を、1本も抜いたりしません

 

当時は、批判の声も少なからずありました

 

しかし時が進むと

 

骨を大きくしたり、骨量を増やすメカニズムのエビデンスが 基礎科学で立証されていき

 

テレビ等でも特集されるようになりました

 

最近では、根拠に基づいた、骨量を増やす運動療法も一般化されつつあります

 

 

衝撃や、骨を広げる力によってオステオポンチンからオステオカルシンへの順位の変換が基礎科学で立証されたことは

 

骨を大きく広げて育てる小児矯正治療の整合性として、証明されることになりました

 

このエビデンスが確立されたのは、最近です 20数年前は仮説でしたが

 

臨床医として、対処療法より原因療法を主体にと考えていましたので

 

日本の主流より、世界の主流を選択しました。

 

この20年の変化で、日本及びアジアで笑顔の基準がグローバル化しました

 

お顔は、小顔でも口の中の顎の骨は、食育又は、子供の矯正装置で大きくすることが可能です

 

顎の骨が大きく育つ成長期は、平均的に12歳頃までです。

 

佐々木

 

 

 

 

ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ