ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 医院diary> いよいよ 第55回スーパーボウルです

医院diary

2021.02.03

いよいよ 第55回スーパーボウルです

 

 

 

いよいよ日曜日(日本時間月曜日)は、待ちに待った第55回スーパーボウルです

 

今年の会場と出場チームは、

 

ブレイディー様が移籍してから応援しているフロリダのタンパベイでバッカニアーズです

 

ホームチームがホームでスーパーボウルを開催できるのは、長い歴史の中で初めて です

 

これまでもあらゆる記録&ジンクスを打ち破ってきた

ブレイディーに、また一つ伝説が加わりました

 

対戦相手は、

 

 

現在のアメフト全リーグで最強の チーフスで、その中心選手マホームズです

 

正直ブレイディーが勝つのは、かなり困難かと思います

 

専門家の多くもチーフスの圧勝予想です

 

その理由の一つに、2か月程前の第12週に、同じタンパベイで両者は対戦し

 

チーフスの圧勝だったからです

 

この時の点数差から、接戦と受け取る方もいると思いますが、佐々木の感想は、

 

ボロ負け (^-^; でした

 

しかし望み薄のスーパーボウルを、勝利に導くのに注目している選手がおります

 

タンパベイの熊さんこと ノーズタックルのビーターベアです

 

足の骨折で今季絶望だったはずが、先週のチャンピョンシップで復活し、大活躍でした

 

目立たないポジションですが、実はとっても重要なポジションの一つなんです

 

そしてもう一人

 

タックルのスーさんこと、エンダマケン スーです

 

この二人で、ランディフェンス全リーグ1位に導いています

 

バッカニアーズは、とにかく今回は、ディフェンスです

 

マホームズにどれだけプレッシャーを与え続けられるかが再重要と思っています

 

引いて守ると、必ず大量失点のボロ負けが待っていると思います

 

完璧無双のチーフスとなんとか勝負になる展開をするには、

 

 

KANSAS CITY, MISSOURI – JANUARY 20: Patrick Mahomes #15 of the Kansas City Chiefs fumbles the ball as he is hit by Kyle Van Noy #53 of the New England Patriots in the second quarter during the AFC Championship Game at Arrowhead Stadium on January 20, 2019 in Kansas City, Missouri. (Photo by Ronald Martinez/Getty Images)

2018AFC チャンピョンシップで、ペイトリオッツ ディフェンスが見せた

 

とても疲れる守備体型ですが、ひたすらマホームズにプレッシャー与える続ける

 

これしかないと思います

 

オフェンスは、とにかくランプレイ中心で、時間を稼ぎくことです

 

ここ最近のブレイディーは、安易なパスからのインターセプトが大事な場面で多発します

 

受け手も怪我や加齢で、調子を崩しています

 

それなのに、勝ち進んだのは、ブレイディーの ここ一番の勝負強さと強運です

 

2018のチャンピョンシップも最終局面で、ブレイディーはインターセプトしています

 

本来なら、そこで試合終了で負けでしたが D・フォードのオフサイドの反則で九死に一生を得てからの

 

延長戦で勝利となりました

 

この時のマホームズの粘りは凄まじく、佐々木は恐怖を覚え、

 

この若者に経験と自信が加われば最強のQBになると感じていました

 

そして、翌年マホームズは、シーズンMVP&スーパーボウルMVPとなり

 

今シーズンは、強すぎて手が付けられない状態となっています

 

Jan 24, 2021; Kansas City, MO, USA; Kansas City Chiefs quarterback Patrick Mahomes (15) celebrates during the fourth quarter in the AFC Championship Game against the Buffalo Bills at Arrowhead Stadium. Mandatory Credit: Denny Medley-USA TODAY Sports

佐々木としては、ブレイディーがスーパーボウルに進めただけで もう満足です (^-^;

 

当日は、バッカニアーズのブレイディー レプリカユニフォームを着て応援します

 

でも流石に、選手としてピークを迎えるマホームズに、43歳のブレイディーが勝つことは

 

かなり厳しいという印象です

 

そして今後のNFLを盛り上げる意味でも

 

マホームズがブレイディーを実力で打ち負かし、ダイナスティ(王朝)を築けるかに注目しています

 

佐々木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ