ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 医院diary> 激しい歯列不正の矯正治療・現在進行形治療例

医院diary

2020.10.30

激しい歯列不正の矯正治療・現在進行形治療例

 

今回は、現在進行形・今年の1月末から矯正治療を開始した患者様での治療例報告です

 

 

なかなか激しい歯列不正です。

 

この患者様は、ご友人が当院で矯正治療をされたのを横で観ていて、ご自分も決心されたそーです

 

当院を選んだ理由が、永久歯を抜かない、そして治療期間が短いことでした

 

1月7日の無料相談・初診時に私がお約束したのは、

 

永久歯は1本も抜かずに、1年6か月程で治療を終え、綺麗な歯並びにしますでした

 

即決で治療申し込みをいただきましたので、検査・診断・分析に進み

 

今年の1月28日より矯正治療を開始しました

 

そして

 

 

現在 途中経過 10月末の歯列模型です

 

いかがでしょーか かなり顕著な八重歯などの歯列不正が改善できていると思います

 

模型で歯の数を数えていただいても解るように、永久歯は抜いていません

 

もう少し詳しく説明します

 

 

これが佐々木歯科の歯を抜かない矯正治療です

 

歯型模型=作業用模型と言います

 

佐々木歯科の矯正では、歯の模型を治療期間中に沢山 作成します

 

それは、矯正治療のほとんどの部分を既製品(形状記憶合金等)の針金を使わずに

 

佐々木自身が、毎回模型から各患者様専用にオーダーメイドの針金を製作し、治療をおこなっているからです

 

これが万人用に作られた既製品にはない、佐々木歯科の治療期間の短さの一つでもあります

 

前回佐々木の医院ダイアリーの記事で、趣味は60点で楽しんでいますと書きましたが

 

仕事の模型作業は、もちろん100点の交感神経優位でおこなっていますので、

 

ご安心いただければと思います (^-^;

 

今回の患者様は、通院忘れ等もなく、順調に治療が進んでいますので

 

予定より早めの1年3が月程で治療を終えられたらと考えています

 

佐々木

 

 

 

 

 

 

ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ