ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 医院diary> 八重歯になりたくない小学5年生

医院diary

2020.03.04

八重歯になりたくない小学5年生

 

今回は、八重歯になりそうで、治療したいと親御様と共に来院された患者様です

 

 

赤矢印の犬歯が今後八重歯として萌出する危険性があります

 

治療は、矯正治療で可能です、 しかし佐々木歯科としては、

 

 

一つの提案をしました

 

八重歯を正常な場所に移動するだけなら、左の女性のようになります

 

しかし現在11歳、4月から6年生ですので、あと半年~1年、顎の成長期が残っています

 

少しでも、顎を大きくする矯正治療をして土台(ベース)の顎を大きくし、

 

右の女性のような綺麗な歯並びにしませんかと提案しました

 

説明後、治療申し込みをいただけましので

 

小学6年生の1年間は、顎を大きくする子供の矯正治療

 

中学1年生から9ヶ月程 大人の矯正治療で治療を終えました

 

 

 

いかがでしょーか、佐々木としては小学3年生くらいから顎を大きくできれば

 

もっと素敵な笑顔になったという気持ちもありますが

 

小学6年の1年間としては、顎の成長を促進できたと思います

 

 

昭和・平成の時代の日本では、八重歯が可愛らしいアイテムの一つでした

 

世界では、昔から、鬼歯や卑しい歯の代表として嫌われる歯並びです

 

歯科医としては、昔から八重歯を治してあげたいという思いでしたので

 

令和になり、日本でも八重歯になりたくないという気持ちを持つ

 

小学生は大歓迎です

 

今後一人でも多く八重歯を改善してあげたい気持ちです。

 

佐々木

 

 

 

 

ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ