ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 最近の治療例

最近の治療例

2008.11.12

歯のガタガタの強い歯並びの患者様でも 歯を抜かない・早い矯正治療

%E6%A3%AE%E3%80%80%E3%81%A1%E3%81%9A%E3%82%8B%E3%80%80%EF%BC%91.jpg
写真の患者様は、上の歯の歯並びが、ガタガタで出っ歯なことに悩んでいました。
治療は一般的に 永久歯前から4番目の歯を、上2本 または上下4本抜歯しての矯正治療でしょう。
%E6%A3%AE%E3%80%80%E3%81%A1%E3%81%9A%E3%82%8B%E3%80%80%EF%BC%92.jpg
もちろん 佐々木歯科では、術前の充分な診断を経て、「歯を抜かない矯正治療」になります。
%E6%A3%AE%E3%80%80%E3%81%A1%E3%81%9A%E3%82%8B%E3%80%80%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E8%A1%93%E5%BE%8C.jpg
いかがでしょう、永久歯(親知らず以外)は1本抜いていません。 治療から11ヶ月半後です。
実は、この患者様 下の前歯1本が 生まれつき 歯が欠損されていたのです。
ですから 正中といいますが 上と下の歯の 正中線が、現状では、合うことができないのです。
ですが、写真のように 物を噛み砕く 真ん中から奥歯のバランスは、しっつかり取っていきます。
ここが、歯を抜かない・早い矯正治療で見ていただきたい、診断精度の高さです。
%E6%A3%AE%E3%80%80%E3%81%A1%E3%81%9A%E3%82%8B%E3%80%80%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E8%A1%93%E5%BE%8C%EF%BC%92.jpg
「歯を抜かない矯正治療」=MEAW(マルチループ・エッジワイズ・アーチワイヤー・テクニック)
と言いますが、機能を損なわずに、審美も改善でき、早期に治癒する 合理的な治療法と 
佐々木は考えています。 早く治るということは、歯の負担も軽減されるということなのです。
体にやさしい治療の話でした。                      院長  佐々木 真啓

2008.09.01

審美性と顎の関節にやさしい 「歯を抜かない歯列矯正治療」

%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%BC%98%E7%BE%8E%EF%BC%91.jpg
患者様は、残念ながら9月から元スタッフになりました。 当院専属受付で看板娘の小川さんです。
今回小川さんより好意的な了解が得られましたので 治療経過を報告いたします。
彼女は、昔から顎関節症で悩んでいました。そして痛みを伴うようになり、相談を受けました。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%BC%98%E7%BE%8E%EF%BC%92.jpg
私の診たところ原因は、奥歯の噛み合わせの安定不良で 下顎の位置が後退していると考えました。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%BC%98%E7%BE%8E%EF%BC%93.jpg
 
治療は、噛み合わせの安定=「歯を抜かない歯列矯正治療」を行いました。
治療開始時は、真直ぐの針金が上下共に かなり波打っていますのが、上の写真でも解りますね。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%BC%98%E7%BE%8E%EF%BC%94.jpg
いかがでしょう 14ヶ月半程で治療終了ですが、綺麗な噛み合わせですね。とても安定感のある
全ての歯が ガッチと噛んでいますね。この安定が関節にやさしいのです。(口を閉じたとき ぶれない・
すべらない) また審美的にも綺麗です。治療前は、少し出っ歯ぎみでしたね。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%BC%98%E7%BE%8E%EF%BC%95.jpg
審美が良く解る 横顔からも いかがでしょう。 次に治療後のほうが さらに美しいことを説明します。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%BC%98%E7%BE%8E%EF%BC%96.jpg
上の写真の白線は、スマイルラインと呼ばれる線で、この線上に、鼻 唇 下顎の先端が並ぶと
審美的にも 機能的にも美しいとされています。 そうです噛み合わせの安定は審美も良くなるのです。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%BC%98%E7%BE%8E%EF%BC%97.jpg
最後に彼女の顎関節症ですが、治療開始から数ヶ月で 痛みは消失 現在は治癒・全快です。
これは、治療後の彼女の表情からも確認できますね。 「歯を抜かない矯正治療」は、永久歯を
1本も抜かないため、無理な歯の移動をしないので 関節にやさしいのです。
もちろん一番大事なのは、いつも言ってますが 診断です。 今後もっと精進していきます。by院長
PS 小川さん 佐々木歯科勤務 3年間 本当にお疲れ様でした。感謝です ありがとうございました。
    近い将来 幸せな家庭・家族を持たれることでしょう。 その時歯のことで 悩みがあれば、
    いつでも来院してください。スタッフ一同で歓迎し協力します。      佐々木 真啓           

2008.05.20

佐々木歯科での インプラント治療

%E7%BE%A9%E6%AD%AF%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84.JPG
歯が無くなくなった方で食事に不便を感じている方の多くは、上の写真のような入れ歯をされています。
そこで、その不便を解消するのが、最近特にテレビで紹介されることが、多くなったインプラントです。
%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%87%E3%83%A2%E5%90%88%E4%BD%93.jpg
上の写真ように、インプラント体(チタン製)を、もとの歯のあった場所へ、手術をし埋め込みます。
そして、その上に自分の歯に被せる、さし歯と同じように歯を作ります。
%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E6%AD%AF%E8%82%89%E3%83%87%E3%83%A2%E5%90%88%E4%BD%93.jpg
左が、インプラント 右が、従来の保険治療で使われる入れ歯です。
では、実際佐々木歯科で治療された患者様のお写真で見ていきましょう。
%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E5%90%88%E4%BD%93.jpg
上の写真は、実際の口(歯ぐきの下にある、骨の中)の中にインプラント体が、入った状態です。
%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E5%8F%A3%E8%85%94%E5%86%85%E5%90%88%E4%BD%93.jpg
さらに、そのインプラント体に、セラミック(ハイブリットセラミクス)の歯がついた状態で、完成です。
上の右の写真で、銀色のポッチが写っていますが、これは、定期的に被せを外して中を洗浄するため
(このようなメンテナンスをすることで、長く良い状態を維持していただきます。)の、ノブです。
%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB.jpg
上の写真は、全てが完成後のレントゲン写真です。インプラントと骨が、まるで自分の歯と同じように
くっついていることが、初めての方でも想像ができないでしょうか。
この患者様は、以前入れ歯で苦労されていた方です。しかし今では、「なんでも噛めると」、とても
朗らかにお話していただいております。では、この方の実際の感想を、下に示します。
%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E6%84%9F%E6%83%B3%E6%96%87.jpg
佐々木歯科では、失くしてしまった歯を、もう一度取り戻せるように 準備しています。
%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg
ぜひ、一度ご相談していただければと思います。  佐々木 真啓

2008.05.15

歯を抜かない・早い矯正治療 開口患者の治療例

%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%81%B5%E7%BE%8E%EF%BC%91.jpg
写真は、開口と呼ばれる 不正なかみ合わせの状態です。
患者様は、20歳代の女性で、昔から この前歯が開いた状態のかみ合わせに、悩んでいました。
なぜなら、少し前まで、この開口を矯正で治すことは、治療期間が長く、難しい治療だったからです。
なかには、外科的(手術をする)な矯正治療で治す方法もありました。
しかし、私・佐々木自身が治療する この「抜かずに治す・早い矯正治療」 では、比較的早期に治る 治療に分類されているのです。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%81%B5%E7%BE%8E%EF%BC%92.jpg
写真は、この女性の 歯を抜かない矯正治療 開始時の写真です。
もちろん正常な永久歯は、一本も抜いていません。 しかし親知らずは 抜いています。
%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%81%B5%E7%BE%8E%EF%BC%93.jpg
写真は、治療から、約8ヶ後の状態です。 いかがでしょうか かなり閉じましたね。
もうあと少しです、 現在微調整に入りました。 この方も ★ 1年 ★で治療終了ですね。
患者様は、本当に満足されていると ともに あまりの早さに ビックリされています。
これが、この「抜かずに治す・早い矯正治療」の良いところですね。
これからも どんどん 許可がいただけた患者様から 佐々木歯科の Realな 治療例を報告しますね。
                                           院長 佐々木 真啓

2008.05.15

歯を抜かない・早い矯正治療 治療経過 歯周病との合併症

%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%EF%BC%91.jpg
写真は、30歳代の女性です。主訴は、ここ数年 上の前歯がどんどん前方に突出してきたことでした。
患者様は、原因が解らずに、日に日に出っ歯になっていき、 とても困っていました。
原因は、もともとの奥歯のかみ合わせ不良と、歯周病に罹患したことで、バランスの崩れが加速したことでした。
治療は、まず歯周病を改善し、根本の原因 奥歯のかみ合わせを良くする 矯正治療でした。
まず、集中して 3ヶ月間 歯周病基本治療(抜かずに治す・歯周病治療)をし、歯周病を改善しました。
%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%EF%BC%92.jpg
写真のように、 歯の周りの歯ぐきが引き締まった(赤みがとれて健康的な、歯ぐきですね)状態。
その後、抜かずに治す・早い矯正治療開始です。
%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%EF%BC%93.jpg
写真は、矯正治療開始から、11ヶ月後 綺麗なかみ合わせになりましたね。
これから、1ヶ月ほどで、 奥歯の仮り歯を 最終のかぶせものに 交換していきバランスを取り、矯正
治療は完了です。 いかがでしょう 親知らずは、抜いていますが 永久歯は1本も抜いていませんよ。
 
今回の患者様のように、奥歯のかみ合わせが悪いと、ある時 突然 前歯の歯並びが急激に悪く
なっていくということがあります。  昔は、歯並びがよかったのに、最近前歯から、歯並びが 崩れてきたという患者様は、ぜひ相談していただきたいと思います。 
                                            院長 佐々木 真啓

2008.05.06

プライバシイーを重視した、個室診療室を増設しました。

VIP1.JPG
この春・佐々木歯科医院に、5台目の診療ユニットを新設しました。
新設にあたり、まず重視したことは、矯正・インプラント・審美歯科治療などの 先端医療を
お望みの患者様に対しての プライバシイー確保でした。そこで個室にしました。
診療ユニットも、最新型 ・ 清潔感と落ち着きのある、低反発クッションで体に やさしいタイプです。
もちろん 今までのユニットと同じで デジタル・マルチメディアシステムです。
レントゲン・口腔内検査・口腔内カメラを用いた 治療のビフォウー・アフター・ 癒しのDVD映像の再生
などを、アクオス液晶テレビから 多くの情報を患者様に伝えます。
VIP2.JPG
その他に、治療中・安心とやすらぎ・癒しまでも感じていただけたらと、やらかい照明
専用のアロマ(主にベルガモットを使っています) ・やすらぎのBGM(これは私の個人趣味です)
お気軽に手にとっていただけるように、治療のパンフレットなど 全て専用に 設置しています。
VIP3.JPG
さらに個室内には、治療前・中・後のコンサルテーションのための テーブルも設置しました。
こちらでは、あらゆる患者様からの質問や疑問・こちらからのインフォームドコンセントなど
十分な時間を使って・私佐々木が 安心して治療していただけるように 説明させていただきます。
個室をオープンしてから、矯正・インプラント・審美治療を受けていただいた患者様から 多くの賛辞を
いただきました。 中でも1番多かったお声は、プライバシイーが守られることへの賛辞でした。
実は、この部屋 リフォーム前・以前は院長室だったのです(悲) 
しかし、多くの患者様に喜んでいただけ・今では部屋無しですが、それもありかなと思う毎日です。(笑)
                                        院長・佐々木真啓でした。

2008.03.28

院長の歯を抜かない、早い矯正治療 完成

%E7%94%B0%E4%B8%AD1.JPG
今回で、当院スタッフ田中さんで 報告してきました。歯を抜かない矯正治療は、完結です。
%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%95%93%E5%AD%90Pre%202007%202%2015%E3%80%80%EF%BC%92.jpg
そーなのです。田中さんの治療が、終了したからです。 どーでしょう 綺麗な噛み合わせですね。
これが、機能的で、かつ美しい噛み合わせですね。佐々木は 少しアピールさせていただきます。
%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%95%93%E5%AD%90Pre%202007%202%2015%E3%80%80%EF%BC%93.jpg
上の写真は、治療前 そう1年前の写真です。 比べるとよくわかりますね。
%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%95%93%E5%AD%90Pre%202007%202%2015.jpg
歯を抜かない、矯正治療は、お顔の形態も、より美しく、魅力的な笑顔に変えていくことができます。
%E5%90%89%E7%94%B0%E5%AE%8C%E6%88%90%E3%80%80%EF%BC%92.jpg
上の写真は、佐々木歯科の小児矯正のお知らせで、紹介した13歳の女の子 ビフォー・アフターです。
彼女は、写真から、2ヶ月遅れ 夏休み・8月から治療を開始したので、期間は なんと半年でした!。
%E7%AC%91%E9%A1%94%E7%94%B0%E4%B8%AD%EF%BC%86%E9%BA%97%E8%8F%AF.jpg
上の二人の女性の笑顔は、本当、綺麗になりました。 そして、実は、
歯を抜かない矯正治療は、 永久歯を抜いていないので 治療期間が 短く・早いのです。
今後、当院スタッフ 小川・安居・小林さんの治療でも この歯を抜かない、早い矯正治療を報告します
歯列矯正治療を お考えの方は、ぜひ一度 この佐々木に相談していただければ 幸いです。
      
                                            院長 佐々木 真啓

2008.01.25

佐々木歯科での 小児歯列矯正治療を紹介

%E5%92%AC%E5%90%88%E8%82%B2%E6%88%90%EF%BC%91.JPG
子供の矯正では、かみ合わせを 良い方向へ導いていくことが重要です。
ですから矯正治療ですが、咬合育成(良いかみ合わせに育てていくこと)と呼んでいます。
上の写真・左が治療前 このまま何もしなければ、出っ歯で かみ合わせの深い(下の歯が見えない)
悪いかみ合わせになります。 右が現在 良いかみ合わせに育っていますね。 
%E5%92%AC%E5%90%88%E8%82%B2%E6%88%90%EF%BC%92.JPG
上の写真が佐々木歯科で、子供の矯正によく使う装置です。 カラフルですね。
色は、もっと何種類もあり、 子供達が好きな色を選ぶことができます。 大半は上顎のみの装置です。
できるだけ子供達の負担がないよう 装置も単純化(取り外し式ですので食事の時は、はずせます)
し、できるだけ愛着や楽しみがあるように いろいろと工夫をしています。
%E5%92%AC%E5%90%88%E8%82%B2%E6%88%90%EF%BC%93.JPG
上の写真は 約半年間ほどの治療の流れです。 少し解りずらいかもしれませんが、矢印のように
装置によって、顎を大きくし これからはえてくる永久歯を良い位置へ誘導します。
そしてしっかり噛める 良いかみ合わせにしていきます。
この子は毎回装置の色を変えて楽しんでいます(装置の追加作成料金は ゼロです)
%E5%92%AC%E5%90%88%E8%82%B2%E6%88%90%EF%BC%94.JPG
良いかみ合わせにするということは、お顔の形体も自然と良くなっていくということです。
%E5%92%AC%E5%90%88%E8%82%B2%E6%88%90%EF%BC%95.JPG
上の写真のように 下の永久歯が、ガタガタの場合でも 上の装置だけです。(下の装置は、舌もあり
違和感が強く、子供は大変です。ガタガタが,すきっ歯になっていますが、今後うしろから大きな永久歯
が,ぞくぞく生えてくるので、今後隙間が無くなっていきます。彼女の咬合育成は、始まった段階です。
%E5%92%AC%E5%90%88%E8%82%B2%E6%88%90%EF%BC%96.JPG
最後は少し、お姉さですが、永久歯が全部生えてからの段階での治療です。
この時期くらいからは、以前から HP のお知らせで紹介しています 
「抜かずに治す 早い歯列矯正治療の出番です」  上の女の子は、治療自体は 去年8月28日からで
もう あと数週間で終了ですので 5ヶ月くらいで完了です。 よいかみ合わせですね。
佐々木が最後に言いたいことは、このような治療は、すべてテクニックではなく 診断なのです。
そのため、以前から 話していますが そのための労力はおしみません。 
診断があるから 装置が単純で 治療期間が早かったり 歯を抜かなくてもよかったりするのです。 
佐々木歯科では、矯正治療 「無料相談」 をおこなっています。
ぜひ一度相談してみてください。 院長 佐々木真啓。

2007.12.26

スタッフの勉強会 Real 2nd stage 開催の模様

%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB2-1.JPG
報告が遅れましたが、スタッフのための勉強会 Real の第2回目が 開催されました。
今回も 新たに参加してくださった 医院・スタッフ様 含め 30名以上の参加者が集まりました。
%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB2-2.JPG
主役は、もちろん院長や歯科医師では、なくスタッフです。
今回は前回に増して、各医院のスタッフ自身による 独自性が高く  自分の言葉でのプレゼンが多く 
て とても有意義で貴重な時間をすごさせていただきました。
%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB2-3.JPG
そして、例により 午前中 たっぷり勉強した後は、美味しい昼食・懇親会です。
今回は、イタリア料理のコースで、全員満足 お腹いっぱいの幸せショットでした。
%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB2-4.JPG
Realは、来年も予定どおり活動していきます。 年三回の ミーティングを通して 日々・臨床の
モチベーションアップが主目的です。 参加資格は、少し厳しいですが 継続し、徐々に素敵な仲間が
増えていくことを 各医院の院長先生達は、願っています。

2007.12.26

院長の休日 恐竜博物館へ

%E6%81%90%E7%AB%9C1.JPG
五歳になる愛娘の最近のブームが恐竜なのです。 以前は、機関車 父親としては、正直嬉しいです。
そんなことで、彼女の憧れの地・福井県県立恐竜博物館へ、休診日を利用して行ってきました。
%E6%81%90%E7%AB%9C2.JPG
行ってみてびっくりでした。あまりのスケールのでかさ! リアルさというか、本物感・完成度の高さに
大人の私が夢中になってしまいました。  娘も大喜びでしたが、私の方がもっと大喜び 笑
%E6%81%90%E7%AB%9C3.JPG
私が子供の頃に見た映画 ドラえもん「のび太の恐竜」  で私の恐竜好きは、始まりました。
そして、その映画が、2006年 「のび太の恐竜2006」としてリメイクされ、今度は娘の恐竜好きが
始まりました。  博物館で買った 300円の小さな恐竜のおもちゃを いつまでも大事に抱えている
娘を見て、長時間の運転疲れも 忘れる一日でした。      父   

ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ