ページの先頭です

滋賀県 東近江市 歯科 小児歯科 矯正歯科 佐々木歯科医院 ホーム > 医院diary> 子供の矯正治療、実際骨の中では、どーなってるの?

医院diary

2019.03.15

子供の矯正治療、実際骨の中では、どーなってるの?

 

 

 

永久歯が萌出し始めてくる時期 小学1年生の頃から、世界中で子供の矯正治療が始まります

 

佐々木歯科でも子供の矯正治療は、小学1年生から6年生までの時期が一番おススメと説明しています

 

では実際どーなっているか レントゲン写真で経過を観てみましょー

 

上の前歯が曲がって萌出してきたことで、将来が心配になり来院された症例を例にしてみます

 

レントゲン写真だと骨の中にいる永久歯が詰まって、窮屈な印象があると思います

 

モンスターズインクのマイクと同じ、顎を大きくする(取り外し式)装置を用います

 

 

 

実際写真の患者様が使った装置です

 

では1年生~6年生までの経過を観ていきましょー

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょーか、大人の矯正治療のように、歯に針金を付けて、歯を動かしていないのが子供の矯正治療のメリットです

 

歯を針金で動かすと、歯の根が短くなったり、歯が弱ってしまうデメリットがあります

 

しかし顎を装置で成長させることができるのは、平均12歳くらいまでです

 

小学生の時期=顎の成長期を利用し、小さい顎を永久歯が綺麗に生え揃う大きさまで成長させることが最大のメリットです

 

 

佐々木歯科の矯正治療無料相談の質問で一番多いのが

 

「子供の矯正治療はいつ頃始めたらいいのですか?」

 

という質問内容の回答であります

 

ぜひご参考にしていただければと思います。

 

佐々木

 

 

 

 

ホーム | 治療方針・理念 | 治療科目 | 診療時間・アクセス | フォトギャラリー | お子様スナップ | 院長紹介
採用情報 | 治療例ブログ | 医院diary | リンク集 | サイトマップ